記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

なにやら恐ろしげな記事

Yahoo!ニュース - 海外 - 読売新聞

 【ニューヨーク=大塚隆一】ニューヨーク市の保健当局は11日、複数の薬を服用する多剤併用療法が効かないうえ、感染から発症までの潜伏期間が極めて短いとみられるエイズの患者を確認したと発表した。

 米疾病対策センター(CDC)は「多剤耐性と進行の早さという2つの特徴を併せ持つウイルスが確認されたのは、少なくとも米国では初めてだ」と指摘。新型のウイルスが出現した恐れもあるとみて、警戒を呼びかけている。

 この患者は40代半ばの男性。昨年12月に感染が確認され、ウイルスの増殖を防ぐ複数の抗HIV剤を投与したが、効果がなかった。また、感染から発症までの期間は通常10年以上だが、この患者の場合はわずか2―3か月だったとみられるという。
(読売新聞) - 2月12日12時52分更新


ううむ。

ううむ。

ウィルスは進化する。…のだろうか。2―3か月で発病って。

ううむ。

日本のエイズ患者はふえてるんじゃなかったっけ?
隣の中国も。

おいおい。

そのうち、「セックスなんてクダラナーイ」なんていう運動がおこるんじゃないかなあ。

飛躍してスマソ。
[PR]
by green_ice_0331 | 2005-02-12 14:07 | 記事スクラップ