記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

羽越線脱線転覆事故 いなほが脱線した…

Yahoo!ニュース - 共同通信 - 脱線事故の死者4人に 不明者の捜索終了
山形県庄内町のJR羽越線で25日、特急いなほ14号が脱線、転覆した事故は26日午前までに、男女各1人の死亡が新たに確認され、死亡者は男性、女性各2人の乗客計4人となった。
 車内に乗客は残っていないもようで、地元消防は26日午前、捜索を終えた。
 JR東日本によると、6両編成の特急は転覆した3両を含め、全車両が脱線していた。運転士は現場直前の鉄橋を時速約100キロで通過。当時、現場付近の最大風速は規制の基準値以下の約20メートルで、速度規制はしていなかった。
 車掌は「突き上げるような衝撃があった」と話しており、山形県警は原因究明のため庄内署に捜査本部を設置。26日午前から現場の実況見分を始め、業務上過失致死傷容疑で検証令状を取り、国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会と合同で午後にも現場検証を実施する。
(共同通信) - 12月26日12時36分更新

初めは死者の数が不明で、結局負傷者だけのようだと思っていたが、4名の犠牲者がでてしまった。
羽越線は日本海側に沿って走るので、強風で止まることも結構ある。
しかし、脱線転覆とは。。。。
風速20メートルは冬場は普通だ。
どんな突風が吹いたのだろうか。
氷の塊が邪魔したんだろうか。
雪国に住むものにとって、人事じゃない。
不意の事故で無念にも無くなった方々と、そのご遺族の気持ちを考えると胸が痛む。



【一報の記事】
特急が脱線・転覆=2人死亡、33人重軽傷-依然、車両に2人-山形のJR羽越線

 25日午後7時15分ごろ、山形県庄内町榎木のJR羽越線で、秋田発新潟行き特急「いなほ14号」(6両編成)の最後尾を除く5両が脱線し、このうち3両が転覆した。県警や消防などによると、乗客の60代ぐらいの女性と40~50代の男性1人が死亡し、33人が重軽傷を負って病院に運ばれた。先頭車両には依然、2人が閉じ込められている。県警は死亡した2人の身元確認を急いでいる。国土交通省は同日深夜、事故対策本部を設置。同省航空・鉄道事故調査委員会は委員ら5人の派遣を決めた。 
[PR]
by green_ice_0331 | 2005-12-26 16:10 | 記事スクラップ