記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

仙台 赤ちゃん誘拐事件5

犯人は3人?!
結局動機は金?
どの病院でも良かったって。。。この野郎!
赤ちゃんが無事でほっとしたせいか、犯人にもよほどの事情があったのかも、なんて思っていたらこれだ。そうだよな、赤ちゃん攫うやつだもんな。あんな寒いところに放っておく奴だもんな。
サンケイ、アサヒ、ヨミウリ、キョウドウ、ジジとざっと読んでみたがやっぱり毎日が一番詳しいのでスクラップ。
よほど近くでの取材に成功したんだろうか。
犯人夫婦のことが最後のほうに書かれている。小2の女の子がいるそうだ。この子のことを思うと、切ない。
仙台新生児誘拐:自称貿易商と妻ら3人に逮捕状-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ
仙台新生児誘拐:自称貿易商と妻ら3人に逮捕状
 仙台市宮城野区の「光ケ丘スペルマン病院」(志村早苗院長)で6日未明、同区幸町3、会社員、山田斉(ひとし)さん(27)の生後11日の長男柊羽(しゅう)ちゃんが誘拐された事件で、宮城県警仙台東署捜査本部は8日朝、同区内で約50時間ぶりに柊羽ちゃんを無事保護した。7日未明、志村院長に柊羽ちゃんの解放と引き換えに現金6150万円を要求する脅迫文が見つかり、捜査本部は同県七ケ浜町に住む自称貿易商、根本信安容疑者(54)とフィリピン国籍の妻(35)、同区内に住む三十代の男について、身代金目的誘拐容疑などで逮捕状を取った。容疑が固まり次第、3人を逮捕する。

 6日午前3時40分ごろ発生した。中年で白マスク姿の男が同病院の産婦人科病棟3階307号室に「火事だ」と叫びながら駆け込み、添い寝していた山田さんの妻弓美さん(23)が動揺しているすきに補助ベッドから柊羽ちゃんを誘拐。また、7日午前2時40分ごろ、同病院から約700メートル離れた朝日新聞販売店の戸に、同病院側に身代金を要求する内容の脅迫文が入った封筒が張り付けられていた。

 調べに対して根本容疑者は「どの病院でも良かった。金が欲しかった」と供述、容疑を認めている。一方で、「以前、親せきが入院した時に対応が悪かった」とも話しているという。

 柊羽ちゃんは8日午前6時ごろ、同区内の国立病院機構仙台医療センター敷地内の休憩室兼倉庫として使われている旧病棟の廊下で発見された。午前5時38分ごろ、光ケ丘スペルマン病院に「国立病院の裏に赤ちゃんを解放した」と電話があり、110番通報で捜査員が急行、同市若林区の仙台市立病院に運び、山田さん夫妻が午前6時43分、鼻の下のあざなどから柊羽ちゃんと確認した。

 脅迫状は、漢字と片仮名交じりの手書きで「長ビクノデアレバ ソレハ先生ト警察ノ責任ニナル」「院長ニハ些細(ささい)ナコトデモ 私ニハ大キナ貸シガアリマス。ソノ盾ニシュー君ヲ使ッテシマッタ」などの内容。病院側に身代金6150万円を要求した。

 7日午後4時22分ごろ、病院に取り引きに応じるか確認したのを始め、現金の受け渡し場所などについて8日午前1時6分ごろまで5回の電話があった。いずれも、同県大河原町、多賀城市、仙台市宮城野区内の公衆電話からだった。指示に従い、志村院長はJR石巻駅からタクシーで三陸自動車道矢本パーキングエリア、さらに同道路の仙台から9キロの地点へと移動した。しかし、犯人側から接触がなく、県警と協議して午前3時ごろ引き揚げた。その後、6回目の電話で柊羽ちゃんの居場所を告げた。

 捜査本部は、逆探知で判明した公衆電話周辺での不審車両の目撃情報から根本容疑者らを割り出し、七ケ浜町の自宅に戻った根本容疑者の身柄を確保した。【赤間清広、川上晃弘、山寺香】

 ◇犯行の日に知人宅へ…アリバイ工作?

 「米国人とのハーフ」と名乗る自称貿易商。近所の住民らは、根本信安容疑者(54)について「気さくないい人」と親しみを感じる一方で、昼間もぶらぶらしている姿を不審がる人もいた。未明に柊羽ちゃんを誘拐した6日には、日本酒の一升瓶を持って珍しく知人宅を年始に訪れた。「今年もよろしくね。だんなさんにいつも世話になっているから」と明るい調子で話した。アリバイ工作ともみられる行為だった。

 根本容疑者はフィリピン国籍の妻(35)と小学2年の娘と3人暮らし。5年ほど前に、家族で引っ越してきた際、鉢植えやリサイクル品を売るガレージセールを開催した。自己紹介代わりに手製のチラシも配っていたという。自営業の女性(50)は「地域に溶け込もうと一生懸命だった。お父さん(根本容疑者)は娘の話ばかりしていた。親の気持ちは分かるはずなのに……」と話した。数年前に引き取った病気のおばはすでに亡くなり、妻が体調を崩したこともあったという。

 根本容疑者は普段は眼鏡をかけず、髪も短髪だった。誘拐時の目撃情報で捜査本部が作成した似顔絵は、長めの髪を分け、眼鏡を掛けており、変装していた可能性もある。定職を持っているようには見えず、仙台市内のパチンコ店でよく遊んでいたという。【坂本昌信、青木純、山崎征克】

毎日新聞 2006年1月8日 23時21分 (最終更新時間 1月8日 23時40分)

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-01-08 23:52 | 記事スクラップ