記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「永田騒動」で自滅の民主党

堀江メールの真贋の行く先は結局民主党の自爆。
本来なら永田議員一人の自爆行為なのに、国対委員長も、代表も、みずから仲良く地雷を踏んだ。
これが自民党の変わりに政権を取ろうという第一野党なのだからあきれ返って声も出ない。
第一、あの永田というセンセイの品位の無さは折り紙つき。
そんなのを信じた挙句、ろくな根拠もなく国政調査権の発動を迫るなど、これが今の日本を支えていこうとする政党のあり方か。
自民党の肥大振りにメスをいれるのはもっともだが、やり方を知らない第一野党はこの世にいらない。
情けない。
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 「永田騒動」で自滅の民主党、抗議電話も殺到
「ガセネタ」とまで批判されたライブドア前社長の堀江貴文被告(33)の「送金指示メール」問題。メールの存在を指摘した民主党の永田寿康議員(36)が突如、議員辞職の意向を示し、同党に23日、激震が走った。

 前原代表ら執行部は国会内の控室で協議を重ね、党本部にも抗議電話が殺到。同僚議員も、いらだちを隠せない様子だった。

 民主党の野田佳彦国会対策委員長が、午前10時から国会内で会見を予定していたため、100人近い報道陣が詰めかけたが、野田国対委員長が姿を見せたのは2時間近くたった午前11時50分ごろ。永田議員の進退問題について、「昨日、話を聞いた」と厳しい表情で永田議員が辞職の意向を示していることを認めた。また、鳩山由紀夫幹事長は「メールの真偽について(本物だと)補強する材料がそろっていない事態を深刻に考えている」と述べた。

 同党議員の一人は「メールの真偽に焦点がぼやかされている。本来なら金の流れがあるかどうか調べれば分かることなのに」と不満そうだった。

 永田議員が16日の衆院予算委員会で、堀江被告が自民党の武部幹事長の二男への送金を電子メールで指示したと指摘した際、民主党内でも事前に把握していたのは前原代表、野田国対委員長ら一部の幹部だけ。党内では、前原代表らの責任に言及する声も出ていた。

 東京・永田町の民主党本部にはこの日朝から、「民主党はうそつき」「22日の党首討論にはがっかりした」などの電話がひっきりなしにかかり、最も電話が多い選挙期間中と同じぐらいあったという。

 一方、国会の「爆弾男」として知られた元衆院議員の楢崎弥之助さん(85)は、今回の事態を「大変残念」と語った。

 ◆「民主が間違いで自民が正しいという風潮になるのは避けるべき」◆

 楢崎さんは、2000年6月に永田議員が初当選した際、祝賀の席で、永田議員から「私も国会で爆弾質問をしたい」と話しかけられたことが忘れられない。

 「そんな生やさしいものじゃない。十分に裏を取らないと自分がやられるぞ、と忠告したのだが……」と楢崎さん。今回の質問についても「ネタ元を『場合によっては表に出てもらう』と説得し、質問に臨まなければならなかったのに、あまりに幼稚。騒ぎになることは想定できた。執行部が若い永田君を指導しなければならなかった」と話した。

 また、ジャーナリストの櫻井よしこさんは、「永田議員のやる気は分かるが、民主党はこのメールのあやふやさを分かっていたはず。それでも強気に徹した前原代表の政治手法は未熟と言わざるを得ない。ただ、この問題は、武部幹事長らが堀江被告を選挙で公認並みの応援をしたことへの批判でもあった。一連の騒動で、民主が間違いで自民が正しいという風潮になることは避けるべきだ」と語った。
(読売新聞) - 2月23日15時4分更新

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-02-23 17:59 | 記事スクラップ