記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<羽越線脱線事故>JR非番社員、傷負いながらの救出劇

羽越線脱線事故
昨年の暮れも押し迫っての大事故だった。
近来まれに見る豪雪で、普段でも猛吹雪が吹き荒れる羽越線でついに起きてしまった事故だった。巻き込まれた方々の不運はもしかしたら私のごく身近に降っていたかもしれない。
思い出すたび、亡くなった方々のご冥福を祈らずにいられない。
あれから数ヶ月して、当時居合わせたJR社員達の乗客救出の様子が明らかになったそうだ。
おそらく彼らは尼崎の事故が頭をよぎったに違いないが、献身的な彼らJR社員達の態度にはやはり、頭が下がる思いだ。
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <羽越線脱線事故>JR非番社員、傷負いながらの救出劇
「私は大丈夫。早くお客さんを」と叫ぶ運転士、自ら大けがをしながら雪の中から手だけ出ていた女性客を救出した社員……。37人が死傷した昨年12月の山形県庄内町のJR羽越線特急「いなほ」脱線転覆事故で、乗務員2人と帰省などで同乗していたJR東日本新潟支社員6人の事故直後の行動が、JR東日本の調査で分かった。猛烈な地吹雪の中、それぞれが負傷者の救出や避難誘導に奔走する様子が浮き彫りになる。8人のうち7人は現在も通院中だ。【斎藤正利】
 事故当日は日曜日で、支社員6人は帰省後、勤務先に戻る途中、事故に遭遇した。今回明らかになったのは、JRが事故直後に、収容された病院などで聞き取ったものだ。
 運転士(29)は、運転室の搭載機器が顔を直撃して右まぶたを切った。真っ暗になった運転室で非常用スイッチを操作。業務用携帯電話で新潟支社輸送指令に「列車が脱線した」と緊急連絡を入れ、運行中の列車の停止や救急車の手配などを要請した。
 車掌(26)は二重衝突を防ぐための無線スイッチを即座に作動させ、携帯電話で「激しい揺れで緊急停止」と指令に報告した。2人は手分けして乗客の安否確認に走り回り、転覆車両内の乗客に毛布や車内カーテンを引きちぎって配布するなどした。
 最初に現場に到着した山形県警の警察官は、6号車で救出作業中の運転士の様子を、「頭から出血しており、声をかけると『私は大丈夫です。早くお客さんを助けてあげてください!』と言っていた」などと警察内部の雑誌に記した。
 支社の6人のうち5人は小屋に激突し「く」の字に曲がった先頭の6号車に乗車しており、いずれも「一瞬、体が宙に浮き、強い衝撃で座席や床にたたきつけられた」と語っている。
 腕や太ももを強打するなどして3カ月入院する重傷だった新幹線保線センター員(49)は、雪の中から手だけが出ている女性客を発見。腰の骨を折るなどした信号通信課員(48)と協力し、窓ガラスの破片が散乱する雪を血で赤く染めながら救出した。
 腰を強打するなどし3カ月入院した保線課員(50)も輸送課員(29)とともに、雪に埋もれた女性客を助け出した。顔を強く打つなどして重傷を負った保線技術センター員(47)は気を失った。意識回復後も動くことはできなかったが、周辺の乗客に声をかけるなどした。
 昨年4月のJR福知山線脱線転覆事故では、JR西日本の運転士2人が負傷者を救助せずに立ち去り、厳しい批判を浴びている。
(毎日新聞) - 4月8日15時27分更新


毎日新聞でした。。。
この新聞、事故を取り上げた例の社説で顰蹙を買っていたこともキオクに新しい。
その社説を抜粋してみた。
強い横風が原因、とみられている。運転士も「突風で車体がふわっと浮いた」と話しているという。
 雪国では冬の嵐に見舞われ、台風並みの強い風が吹き荒れることが珍しくない。その風に
 あおられたらしい。現場付近の風速は毎秒約20メートルで減速規制するほどでなかったと
 いうが、平時と同じ時速約100キロで最上川の橋梁を渡ったことに問題はなかったか。
 突風とは言いながら、風の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ。
 暴風雪警報下、日本海沿いに走るのだから、運行には慎重であってほしかった。


「風の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ」

風の息遣いって('A`) …
宮崎アニメの見すぎじゃないの?てなもんですな。

まったくね、事故車両の運転士はどうすればよかったというのだろう。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

このあんまりな言い草に多数の批判が寄せられたようで、後日この件についてのまとめ記事も掲載されていた。(ソースは見失いました)
下手に情緒的な表現を用いたことに反省していたようだった。

まさか、その罪滅ぼしでもあるまいが、JR社員達の必死な仕事を紹介したこの記事には素直に感動した。
尼崎の時だって、想像を絶する仕事をしていた社員たちが大勢いたに違いない。
人間のすることを偏った方向で見ることだけはしてはならないと思うのだ。
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-04-08 16:59 | 記事スクラップ