記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2001年 新大久保転落事故の記憶

つい先日、くしくも同じ場所で、同じ日本語学校に通う韓国人留学生が酒に酔って転落した女子学生を一人で救い上げた、というニュースがあった。
かれは「怖かったが、先輩の力が後押ししてくれた」と先の英雄に感謝し、韓国人の誇りをわれわれに知らしめてくれた。

この先の事件、犠牲者が何人いたのかご存知の方はどれだけいらっしゃるだろうか?

・転落者は37歳の男性。ホームで酒を呑み、泥酔していたようだ。
・救出に向かった人は当時47歳の日本人カメラマン関根史郎氏と、日本語学校に通う韓国人留学生2名。
・3人とも亡くなった。

そう、勇気ある救助者は2人いたのである。
そして、皆間に合わなかったのだった。
感動なんか無かった。もう少し、なんとかならなかったのかと憤りさえ感じたのだ。
助けに入った2人は無駄死にしてしまったのである。
このことを誰も覚えていないのではあるまいかと、いま、いぶかしんでいるのだ、私は。

テレビのワイドショーがこの手の美談を好んで放送するのはいつものことだが、日本人がいたことをはっきりと説明することはほとんど無い。あまつさえ、そのときも日本人は何もしなかったと言い放つのが現状だ。(番組名 フジTV とくダネ!:さすがに訂正したそうだが。)
そうだ、やっぱりみんな、すっかり忘れているのだ。
韓国人の青年は記念碑まで作って褒め称えるのに、なぜ?

あちこちネットで見てみたが、当時から、関根さんは無視されていたようだ。
韓国人留学生にたいしては森首相(当時)が韓国大統領に哀悼の意を表し、葬儀に参列している。
でも、わからなくはないのである。
遺族がそっとしておいて欲しい、とマスコミの取材にも応じなかったのではないだろうかと想像できるからだ。おぼろげだが、関根氏の母親が、そういうコメントをだしていらした記憶がある。
個人的に非常に衝撃的な事故だったので、ウチでは私だけ妙におぼえている。今となっては確かめようが無いのが悔しい。

http://blog.livedoor.jp/hanado/archives/50607414.html

結局、日本人はそうして、すっかり忘れていってしまうのだ。
そして、韓国人はモニュメントを建てていつまでも誇らしげに語り継ぐ。

        私たちは、忘れちゃいけないだろう、と思うのだ。

遺族の心情はそのまま思いやり、こういうこともあったのだとまわりが静かに記憶に留めていなきゃいけないだろうと思うのだ。

もちろん、ことさら騒ぎ立てる必要はない。しかしせめて、この事故を取り上げるマスコミはきちんと説明すべきである!!まったく、私たちの情報の担い手がこんなことでいいのだろうか?
それがないから、自国のひとの立派な行為を忘れ、そんなものは無かったとされ、日本人は情けないなんて自虐コメントを垂れ流すのだ。

ここで情けない輩は、いったい誰であろうか。
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-05-28 11:40 | 雑記