記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

北朝鮮、地下核実験実施と発表。

いやはや。。。
ついに、というか、やっぱりというか、やってしまった。
地下核実験自体は珍しいことではない。
アメリカだってさんざんやってる。
一昔前、フランスは自国領の南の海で世界中から反発を受けながら押し切った。
パキスタンはインドが持っているから自国の権利だと強引に核保有宣言をした。
イランも貧者の武器と言ってアメリカを挑発している。
韓国もアメリカにこっそり内緒で核弾頭を作る実験をしていたのではなかったか。

核保有国が一つ増えただけだ。

とはいえ、恫喝外交を国是とする北朝鮮が核保有国になってしまうことはあまりにも危うい。
中国だってうっとおしくて仕方ないだろう。
韓国はどう思ってるか知らない。
いまこのとき安倍首相が中国に続き、韓国を訪問しているのは、偶然か?
アメリカに今こそ行けと勧められたという見方もあるらしい。
北東アジアはもはや靖国云々で騒いでいる場合ではないのだ。
恫喝国家をどうするか、やっと手を結び始めたと思いたい。希望的観測にすぎるだろうが。

Excite エキサイト : 国際ニュース

<北朝鮮>核実験を実施 中央通信報道 地震波も探知 [ 10月09日 12時52分 ]

 【北京・西岡省二】北朝鮮の国営朝鮮中央通信は9日、地下核実験を実施したと発表した。実験の時間や場所など詳細は伝えていない。同通信は「科学的打算と綿密な計算で進められた」と成果を報じ、「放射能漏れはなかった」と伝えられた。日本や米国、中国、韓国など関係各国が情報確認を急いでいる。北朝鮮外務省は今月3日、「科学研究部門が今後、安全性が徹底的に保証された核実験を実施することになる」と宣言していた。80年代から浮上した北朝鮮の核開発疑惑は核実験によって現実のものとなった。核保有国としては、米英仏中露、インド、パキスタンに続いて8カ国目になる。国際社会は北朝鮮への制裁に踏み切るとみられ、北朝鮮の核問題は緊迫した局面を迎えた。

 韓国メディアは、同国国家情報院に入った情報として、北朝鮮の咸鏡北道(ハムギョンプクド)花台郡付近で午前10時35分ごろ、マグニチュード3.6規模の地震波を探知したと報じている。

 北朝鮮が実験で使用した核爆弾は、平安北道寧辺(ピョンアンプクドニョンビョン)の実験用黒鉛減速炉(5メガワット)で生成したプルトニウムを原料にしたものと見られる。

 北朝鮮は86年1月に黒鉛炉の運転を開始、核兵器開発に着手した。89年春以後に燃料棒を再処理し、核兵器1~2発分に当たる6~12キロのプルトニウムを抽出したとみられている。94年10月の米朝枠組み合意を受け、北朝鮮は同炉の運転を停止したが、03年1月に核拡散防止条約(NPT)脱退を宣言したのを機に再稼働させ、同年10月、05年5月の2回、8000本の燃料棒を抜き出して再処理、プルトニウム抽出作業を実施している。

 米民間研究機関の分析によると、北朝鮮は核兵器4~13個分に当たる「20~53キロ」のプルトニウムを保有していると見られ、今回の実験では、これらのプルトニウムが使用された可能性が高い。

 北朝鮮は核兵器の開発、改良に不可欠な核実験に踏み切ることで「核保有国」になり、米国など超大国と交渉する際の「核カード」を持ったことになる

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-10-09 13:47 | 記事スクラップ