記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

光市の裁判でわかったこと

光市の裁判で良くわかったこと。

犯罪者の弁護人なんて、犯罪者の立場でしか弁論できないんだから、
そもそも正義のはずがない。
警察や検察官こそが正義でなければならない。
ところがこいつらもなかなか情け無いことやってるから信用がない。
さらに、弁護士が正義の味方なんて幻想を世間がもっているから、
犠牲者に対するモラルがあって当然なんて思うし、腹が立つんだよ。
弁護士は依頼者のためにだけいるもの。ものすごく割り切ったお仕事。
だからこそ、自分の思想を仕事に反映させちゃいけないんだ。

被告に反省をさせて減刑を求めるべきなんて意見もたまにみかけるけど、それはどうかね。
弁護士は被告の罪を贖罪させるのが仕事じゃないよ?
光市の弁護人、あれが弁護士の究極の姿wwなんだろう。
検察官がぶれることなく、この被告人の断罪を司法に求めるのが筋だ。

がんばれ、検察官!
[PR]
by green_ice_0331 | 2007-10-18 21:35 | 雑記