記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Asada is 17.

悪名高き2chのスケート板で見つけた記事とその翻訳。
17歳のアスリートが見せた勇気と気高さにただ感動した2008ワールドフィギュア。
Kluft's Bejing defection brings an end to the fun and Games - Times Online
Mao Asada's golden moment of pure courage

Anyone who thinks that figure skating is not a sport is invited to walk across an ice-rink and jump up and down. I tell you, it's slippery out there. The more extreme your manoeuvre, the more likely you are to fall over. Nijinsky performed the miraculous entrechat-dix, but at least he landed on firm ground. But a triple axel has to be perfect. If it isn't, you are on your bum.

Figure skating is one of sport's high-wire acts; and perhaps the most regularly humiliating. I watched Mao Asada, of Japan, going into her first jump, a triple axel - the big one in women's competition, it requires 3 revolutions - and she fell on take-off. It was as if she was attached to the ice by bungee straps. I expected her to move on from error to error, murdering Chopin with a rictus of a smile, too much make-up and ice in her knickers.
But no. She got up and skated perfection: six triples, four doubles, wonderful elevation on every jump and all the flow and lyricism you could want in between. It was enough to give her the gold medal at the World Championships in Gothenburg and it was as wonderful and as pure a piece of sport as you could wish for.

Hemingway defined courage as “grace under pressure”; you could hardly find a better example.

Asada is 17.


713 名無し募集中。。。 New! 2008/03/24(月) 17:13:14.63 0
前スレ400の記事ざっと訳してみた
フィギュア専門のコラムニストじゃない人が書いただけにうれしかったお
ttp://www.timesonline.co.uk/tol/sport/columnists/simon_barnes/article3606532.ece

フィギュアスケートがスポーツじゃないと思っている人はリンクを歩いて跳んでみるといい。
氷の上は滑りやすい。難しいことをやろうとすればするほど滑りやすくなる。
ニジンスキーはすごい跳躍をやっていたが、それは固い地面の上でのことだ。
だが、トリプルアクセルは完璧に跳ばなければならない。でなければ転倒してしまう。

フィギュアスケートは危険が大きく、最も頻繁に恥ずかしい思いをするスポーツだろう。
日本の浅田真央は最初のトリプルアクセル――女子では大技であり、
3回転しなくてはならない――を跳ぼうとしたとき転倒した。
まるでバンジーの紐が氷についているかのようだった。
わたしはてっきり、彼女はそのあと間違いを繰り返し、パンツの中に氷が入った状態で
大きな口をあけて厚化粧で笑顔を振りまき、ショパンをぶちこわしにするだろうと思った。

だが、そうはならなかった。彼女は立ち上がり、完璧に滑りきった。
6つのトリプルジャンプ、4つのダブルジャンプ、そのすべてを驚くほどの高さで跳び、
ジャンプとジャンプの間をなめらかに情感たっぷりに滑りきった。
イエーテボリで開かれている世界選手権で金メダルに値する演技であり、
すばらしく純粋なスポーツのひとつだった。

ヘミングウェイは、勇気とは「プレッシャーの中でも優雅に振る舞うことだ」と語った。
これ以上の例はめったに目にすることができないだろう。

浅田選手は17歳。


いいこというなと思ったが、結構残酷な見方をしてるものだとも感じた。(下線のとこ)
この書き手はきっと、日本人スケーターが好きじゃなかったんだろうな。
[PR]
by green_ice_0331 | 2008-03-24 19:57 | 記事スクラップ