記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:トリノ五輪( 5 )

バスの運転手さんはどうなったんだろ?
誰も遺伝子検査に応じないってひどいな。
それにしても、子供を捨てた親がそんなにたくさんいるのかとびっくりした。
バスの運転手さんは「生き別れになったのだ」と、捨てたことを否定しているけど、生き別れになる国なんだ。。。へえ。
Japanese JoongAngIlbo
親を捜すため来月に韓国を訪問する予定だったトビー・ドーソン(28)が韓国行きをキャンセルした理由が、親を名乗り出る人からのeメール攻勢のためと伝えられ、後味が悪い。

ドーソンは16日、トリノ冬季オリンピック(五輪)フリースタイル・スキー男子モーグルに米国代表で出場し、銅メダルを獲得した主人公だ。 自ら韓国系の養子だと堂々と明らかにし、さらに話題を集めた。

しかしメダル獲得後の所感で「韓国人の親を捜したい」と語ったドーソンの期待は、わずか1週間で憤怒に変わった。 彼の受賞を聞いて、国内から親を名乗り出る人が200通を超えるメールを送ったからだ。 名前と所属会社を明らかにしない放送局のリポーターが「親を知っている」と言いながらドーソンにしつこく電話をかけ、困らせたようだ。

ついにドーソンの代理人スピネロ氏が「ドーソンは親を捜すことに非常に敏感になっている。静かに科学的な方法で捜したい」という声明まで出すことになった。 親を名乗り出る人々のうち、家族関係を明らかにする遺伝子検査に応じるという人は誰もいなかったというのが、スピネロ氏の説明だった。 ドーソンが韓国訪問をキャンセルすることになった背景だ。 「オリンピックでメダルを取ったことが親を捜すのに役立てば・・・」という受賞所感を明らかにしたドーソンにとって、銅メダルはむしろ親探しの妨げになったわけだ。

ドーソンは昨年にも韓国を3度も訪問しながら親を捜したが、見つからなかった。 それほど自分を生んでくれた親に会いたく、韓国系であることを誇らしく思っているというのが、スピネロ氏の説明だ。韓国人の母を尊敬するというアメリカンフットボールのスター、ハインズ・ウォードを彷彿させる。

3歳の時に米国の家庭に養子として渡ったドーソンは、米国人夫婦の配慮で最高のスキー選手に生まれ変わった。 仮に彼がオリンピックメダリストでなく平凡な青年であれば、果たして親を自称する人がこれほど多く現れただろうか。 米国の家庭に渡るまで放っておきながら、今になって親を名乗り出るのは恥ずかしくないのか。 彼が静かに親を捜すことができるよう、みんなが協力しなければならない。

鄭済元(チョン・ジェウォン)スポーツ部門記者

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-02-24 22:23 | トリノ五輪
こうなったらもうメダルなんかあきらめよう。
しょせん、日本には実力がなかったんだ。
スノーボードハーフパイプの男子チーム惨敗は衝撃的だった。
アメリカとの実力差に気が付かなかったとは。
Yahoo!ニュース - 時事通信 - 30年ぶりのメダル無しも現実味=世代交代の谷間、甘すぎた読み〔五輪〕
トリノ18日時事】トリノ冬季五輪は18日で前半戦を終えた。全84種目中46種目を消化したが、日本勢はいまだにメダルに手が届いていない。「色に関係なく5個」という目標達成はおろか、1976年インスブルック大会(オーストリア)以来30年ぶりの「メダルゼロ」も、現実味を帯びてきた。
 まず、事前の読みの甘さは否定できない。日本オリンピック委員会(JOC)は、ことあるごとに「アテネ五輪の勢いをつなげて好成績を」といい続けてきた。しかし、日本勢が史上最多の37個のメダルを獲得した同五輪からすでに2年もたっている。実施する競技も違う。アテネの残像に惑わされ、高すぎる目標を掲げてしまった。
 外国勢の力を見抜けなかった分析能力の低さは情けない限りだ。ひとりの入賞者さえ出せなかったスノーボードハーフパイプ(HP)。米国勢は国内の賞金大会を優先するため、ワールドカップ(W杯)出場が少ないのは周知のこと。それでも、全日本スキー連盟の佐々木峻スノーボード部長は「米国勢より日本のほうが力を持っている」と、胸を張っていた。HP勢は選手村での生活態度の悪さが目に余ったという。弱い上にだらしないでは、強化費の無駄遣いのそしりは免れまい。
 だが、もっと深刻なのは競技力そのものの低下だ。6大会続いていたメダルが途切れたスピードスケートの男子500メートルで、金メダル候補と騒がれた加藤条治(日本電産サンキョー)は弱冠21歳。惨敗したかつてのエース清水宏保(NEC)とは10歳も違う。世代交代がうまくできていない観もある。(続)

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-02-19 17:56 | トリノ五輪
なんともドラマティック。
体は大丈夫なんだろうか。
この人たちなら、持てるすべてを出し切れる、そんな気がする。
がんばって!!
asahi.com: やり遂げる約束の12年 フィギュアペアの井上怜奈-トリノ五輪
 父の死、自らのがん、米国籍取得。フィギュアペアの米国代表、井上怜奈(れな)(29)にとって重く、長い日々だった。リレハンメルから12年。日米両国で3度目となる五輪の舞台が、幕を開ける。

 「お父さん、行ってきます」

 米国・カリフォルニア州の自宅で、怜奈は父・雅彦さんの遺影に声をかけ、トリノへたった。

 千葉県松戸市で暮らしていた3歳10カ月のときに、ぜんそくをなおそうと始まったリンク通い。雅彦さんは、仕事帰りに毎日、一人娘の練習に付き添った。衣装を着せ、髪を「おだんご」に結った。

 「才能はないが、努力する才能ならある」

 そうコーチに言われた怜奈は黙々と練習を続け、小学6年で3回転ジャンプを跳んだ。

 92年、ペアでアルベールビル五輪に出場。94年にはシングルでリレハンメル五輪に出た。だが、結果は残せなかった。

 長野五輪に向けて練習をしていた96年、雅彦さんは肺がんを宣告された。ある夜、枕元で怜奈に言った。

 「お父さんは時間をかけて怜奈を大人にしたかった。でももう時間がない。急いで大人になってもらわないといけない」

 怜奈を無理やり米国へ送り出した。

 だが、長野の代表選考で落選。その後の国際大会を棄権しようとすると、雅彦さんは言った。

 「いい加減な演技をしたら、見に来たお客さんや、選ばれなかった選手に申しわけがない。全力でやり遂げるまで絶対に帰ってきてはだめだ」

 97年2月。雅彦さんは逝った。46歳だった。

 父の死後、米国へ戻った怜奈は体調不良を訴えた。肺がんだった。

 抗がん剤治療を受け、吐き気やむくみに耐えてリンクに通っていたある日、ペアのパートナーを求めてジョン・ボルドウィンが会いに来た。

 「私、がんなの。再発したらあなたの時間まで無駄になるから」

 だがジョニーは食い下がった。「元気なうちだけでもいいんだ」

 心を揺さぶられた。

 ペアを組んだばかりのある大会で、ジャンプを失敗したジョニーが、途中で演技をやめ、リンクを離れたことがある。

 「失敗しても最後まできちんと滑らなくちゃ」

 雅彦さんに言い聞かされた言葉を伝えた。

 03年、怜奈は練習直後、意識を失って倒れた。卵巣破裂。手術室に運ばれる間、ジョニーはずっと手を握り、付き添い続けた。

 五輪ではペアは同じ国籍でなければならない。出場をかけ、米国籍を取得して臨んだ1月の全米選手権。二人は劇的な逆転優勝を果たした。

 「どんなときも、私にはスケートがあった。人生のすべてを教えてくれたのがスケートでした」

 11日。トリノの氷上で舞う。母の玲子さん(54)に見守られ、父の思い出を胸に抱きながら。

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-02-13 21:07 | トリノ五輪
兄の分も、と気負ってしまったのか。
1回目転倒、2回目に期待がかかったが。。。。。

Yahoo!スポーツ - ニュース - 今井メロが転倒、担架で運ばれる
 スノーボードの女子ハーフパイプが13日、当地で行われ、メダル獲得の期待がかかった今井メロ(ロシニョール)は2度目のランで大きく転倒。立ち上がることができないままフィニッシュ・ラインを通過し、担架で運ばれた。

 今井は1度目のランで転倒し得点が伸びなかった。挽回(ばんかい)しようと臨んだ2度目のランの最初のジャンプ直後に転倒した。

[ 2月13日 20時38分 更新 ]


なんだか悲壮だ。兄同様、失敗してもカメラに向かってポーズとったりしてたけど、内心の落ち込みは想像つかないくらい激しいものではなかったか。
前日の男子全滅を受けてプレッシャーはいかばかりだったろうか。
メンタルが弱すぎる、と言うのは簡単だがあまりに痛々しい。

なんとかならなかったのか。。。。
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-02-13 20:46 | トリノ五輪
上村は5位、里谷15位 スノボ男子は決勝進めず (共同通信) - goo ニュース
 トリノ五輪第3日(12日)スノーボード男子ハーフパイプでメダルが期待された日本勢は中井孝治(アメリカン)ら4選手全員が予選落ちした。スキー女子距離複合の日本勢は横山寿美子(セコム上信越)の30位が最高。アルペン男子滑降や岡部孝信(雪印)葛西紀明、伊東大貴(ともに土屋ホーム)が出場のジャンプ・ノーマルヒル、スピードスケート女子3000メートルなどでもメダルが決定。

第2日(11日)はフリースタイルスキー女子モーグル決勝で上村愛子(北野建設)が5位、里谷多英(フジテレビ)は15位、伊藤みき(滋賀・近江兄弟社高)は20位。37歳の原田雅彦(雪印)はノーマルヒル予選で規則違反で失格した。スピードスケート男子5000メートルは宮崎今佐人(緑陽会)が21位、牛山貴広(エムウエーブ)は27位。(共同)            

上村愛子は残念。世界一の3Dエアは完璧だったが、上には上がいるってことなんだ。
でも、彼女の努力は「世界一」の武器を手に入れた。もっと上を目指していくだろうか。そうなったら応援したい。
スノボの連中はずいぶん大口叩いていて、こいつらアホちがうかと思っていたが、全員予選落ちとは意外な展開であきれた。
まだ若いんだからなにが足りないのかよく作戦を練ってこれからがんばれ。
でも、この子達の周りに世間を良く知るいい大人のフォローがあるんだろうか?
なんだか心配。
原田選手。体重勘違いしていたって、どうゆうこと??こういうの、あり?オリンピック慣れ?

相変わらずマスコミが煽りたてて、その気にさせられていたこっちが勝手にがっくりしているような気がする。上村選手は別として、スノボ連中は本当に世界トップを狙える実力があったんだろうか。ちゃらちゃらした態度と大口を叩く厚顔さについ、意地悪く思ってしまう。偏見かなあ。そうだろうなあ。
でも、アスリートっぽくないよなあ。童夢は特に。黄色い金切り声の雄たけびはあまりにもガキくさい。浮き足立っているようにも見えた。う~~ん。もっといい男になれって感じかなあ。
あまり達観しすぎて原田選手みたいになってもアレだけど。


なんだかな、お騒がせだなって人がこっちにも。
アメリカのフィギュアにはお騒がせな人が多いのか?
だいたい、怪我してたにもかかわらず、無理やり代表になって世間を騒がせたのではなかったか。

クワンが出場を辞退 現地練習で故障を悪化
【トリノ12日共同】米国オリンピック委員会(USOC)は12日、フィギュアスケート女子で5度の世界選手権優勝を果たしてるミシェル・クワン(25)=米国=が、けがのためトリノ冬季五輪への出場を辞退したと発表した。

クワンは当地で初めて滑った11日午前の練習で、右脚付け根を痛めた。夜になって状態が悪化し、12日未明にチームドクターの診察を受けた後、欠場を決めた。

クワンはUSOCを通じ、「代表チームから外れることは、最も難しい決断だった。このけがではベストの演技は望めない」とコメントしたUSOCは補欠のエミリー・ヒューズを代替選手として大会組織委員会に申請した。。

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-02-12 21:57 | トリノ五輪