記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

つい先日、くしくも同じ場所で、同じ日本語学校に通う韓国人留学生が酒に酔って転落した女子学生を一人で救い上げた、というニュースがあった。
かれは「怖かったが、先輩の力が後押ししてくれた」と先の英雄に感謝し、韓国人の誇りをわれわれに知らしめてくれた。

この先の事件、犠牲者が何人いたのかご存知の方はどれだけいらっしゃるだろうか?

・転落者は37歳の男性。ホームで酒を呑み、泥酔していたようだ。
・救出に向かった人は当時47歳の日本人カメラマン関根史郎氏と、日本語学校に通う韓国人留学生2名。
・3人とも亡くなった。

そう、勇気ある救助者は2人いたのである。
そして、皆間に合わなかったのだった。
感動なんか無かった。もう少し、なんとかならなかったのかと憤りさえ感じたのだ。
助けに入った2人は無駄死にしてしまったのである。
このことを誰も覚えていないのではあるまいかと、いま、いぶかしんでいるのだ、私は。

テレビのワイドショーがこの手の美談を好んで放送するのはいつものことだが、日本人がいたことをはっきりと説明することはほとんど無い。あまつさえ、そのときも日本人は何もしなかったと言い放つのが現状だ。(番組名 フジTV とくダネ!:さすがに訂正したそうだが。)
そうだ、やっぱりみんな、すっかり忘れているのだ。
韓国人の青年は記念碑まで作って褒め称えるのに、なぜ?

あちこちネットで見てみたが、当時から、関根さんは無視されていたようだ。
韓国人留学生にたいしては森首相(当時)が韓国大統領に哀悼の意を表し、葬儀に参列している。
でも、わからなくはないのである。
遺族がそっとしておいて欲しい、とマスコミの取材にも応じなかったのではないだろうかと想像できるからだ。おぼろげだが、関根氏の母親が、そういうコメントをだしていらした記憶がある。
個人的に非常に衝撃的な事故だったので、ウチでは私だけ妙におぼえている。今となっては確かめようが無いのが悔しい。

http://blog.livedoor.jp/hanado/archives/50607414.html

結局、日本人はそうして、すっかり忘れていってしまうのだ。
そして、韓国人はモニュメントを建てていつまでも誇らしげに語り継ぐ。

        私たちは、忘れちゃいけないだろう、と思うのだ。

遺族の心情はそのまま思いやり、こういうこともあったのだとまわりが静かに記憶に留めていなきゃいけないだろうと思うのだ。

もちろん、ことさら騒ぎ立てる必要はない。しかしせめて、この事故を取り上げるマスコミはきちんと説明すべきである!!まったく、私たちの情報の担い手がこんなことでいいのだろうか?
それがないから、自国のひとの立派な行為を忘れ、そんなものは無かったとされ、日本人は情けないなんて自虐コメントを垂れ流すのだ。

ここで情けない輩は、いったい誰であろうか。
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-05-28 11:40 | 雑記

新大久保 救出劇 

なんか、この件で2ちゃんやらエンコリがにぎやかだったが、立派なことしたんだから素直に認めればいいのに、とあまり関心がなかった。
で、ついさっき、日テレの徳光氏の番組でこの話を放送しており、5年前の事件も紹介していた。
が、そのとき日本人も救出しようとして無念にも無くなっていたことは全く触れられていなかった。人情家の徳光氏らしくない。うちも家族のそんな人いたっけ?だった。
テレビではその亡くなった韓国人を引き合いに出し、美談として感極まった報道ぶりだ。
それはそれでいい。しかし。
   私たちは、美談のもう一人の主を忘れておいて、いったい何を知っているいるつもりなのか!!

まったく腹が立つ。
いままでも、先の事件が取り上げられるときはかならず、韓国の人だけが紹介されていた。
これはつまり、いい韓国人がいる、ということを宣伝したいだけではないのか。
人を助けようとすることに国籍は関係ないだろう。これは、さっきのテレビで英雄となった青年だって言っていたことだ。(彼は、亡くなった日本人のことを知っているのだろうか)
このような最近の、ことさら韓国をとりあげる風潮にほとほと嫌気が指す。

決死の覚悟で人助けに飛び込む勇気は美しい。

しかし、英雄行為と危険行為は背中合わせだ。この青年も、一歩間違えたら大変なことだったのだ。
こういう非常時にどうすべきか、先の事件を教訓に非常ボタンが増やされたこともマスコミは報じない。駅員たちがどう対処したかも、無視だ。こういう検証はしなくてもいいのか?
マスコミという連中、こいつらはいったい何をやっているんだ??
ただ美談を流したいだけというなら、あまりに無見識、無責任だ。この態度は、先の犠牲者にも大変失礼だ。

ウワサでは、某所でオヅラと呼ばれる某コメンテーターの番組が、前の事件でも日本人が手を貸さなかった!とぬかしたとか。
(さすがにその後、訂正したらしいが。。。)
ああ、もう、ふざけんなよ、マスコミ!!

一方をやみくもに持ち上げ、一方を無視し、ろくな検証もせずに警鐘と称して日本人は情けないと言い放つ。
検証しないマスコミは、つまり、ホーム転落事故については何とも思っていないのだ
ただ、美談を流して盛り上げたいだけだ。それは何のためだろう?
ここまでくると、この韓国人英雄譚にはなにか別の意思を感じてしまう。
そうすることで得をする何かの力が動いているのでは、と勘繰ってしまうのである。
女性線路転落:韓国人留学生が救出 JR山手線新大久保駅-話題:MSN毎日インタラクティブ
東京都新宿区のJR山手線新大久保駅で21日早朝、ホームから線路に転落した女性が、韓国人留学生の申鉉亀(シンヒョング)さん(27)に救出された。この場所は01年1月、韓国人留学生、李秀賢(イスヒョン)さん(当時26歳)がやはり転落した人を救出しようとして電車にはねられ死亡した場所と、5メートルと離れていなかった。申さんは「李さんの魂が『助けに行きなさい』と私を後押しし、守ってくれたのだと思う」と話している。

 21日午前5時半ごろ、同線日暮里駅に向かう途中、トイレに行きたくなった申さんは、新大久保駅で途中下車した。歩いていると、背後から「ドン」という音。線路に女性が落ちた音だった。

 ホームには20人ほどの乗客がいたが、高齢者が多く、線路をのぞき込むだけ。申さんも「電車が来たらどうしよう」と迷ったが、李さんのことが頭をよぎった。「見て見ぬふりは出来ない」。線路に飛び降り、夢中で女性の体を持ち上げた。ホームに上がると周囲の視線が恥ずかしく、駅を出て200メートルほど歩き、JR大久保駅から日暮里駅に向かった。

 JR東日本などによると、助けられた女性は18歳の大学生とみられ、酒に酔っていたらしい。病院に搬送され、手足の軽傷で済んだ。

 新大久保駅では01年1月26日夜、横浜市の男性カメラマン(当時47歳)と李さんが、線路に落ちた男性を救出しようとして電車にはねられ死亡した。韓国でも大きく報じられ、故郷の釜山には慰霊碑が建てられた。

 申さんは昨年9月に来日。モータースポーツを学ぶために日本語を勉強している。女性からの連絡はまだないが、申さんは「元気でいてくれればいいです」と笑った。

毎日新聞 2006年5月24日 22時28分 (最終更新時間 5月24日 23時53分)

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-05-28 10:09 | ちょっと変じゃない?

男児遺体に他人の毛髪

これ、テレビではもっと言い方が違っていた。
「男児のものと明らかに違う毛髪」
だそうだ。
また、先ほどのニュースでは、この髪の毛をDNA鑑定を行う、と言っていた。
任意で事情を聞いた人たちから髪の毛を(任意で)採取、比べるそうだ。

一週間ほど前から、容疑者がかなり絞られている、と、マスコミの報道は思わせぶりだった。
かなり黒い人物がいるものの、確たる証拠がないということだろうか。
こんな情報をリークして、報道させることにはなにか意味があるような気がする。。。。。

Yahoo!ニュース - 西日本新聞 - 男児遺体に他人の髪 秋田・小1殺害 付近から指紋検出
秋田県藤里町の小学1年米山豪憲君(7つ)殺害事件で、豪憲君の着衣などから他人のものとみられる毛髪が見つかったことが27日、分かった。能代署捜査本部は犯人に結び付く可能性があるとみて、鑑定を急いでいる。

 また、遺体付近からは指紋も検出され、捜査本部は分析を進めている。

 調べによると、豪憲君は17日午後3時20分ごろから同30分ごろの間に、児童公園から約80メートルの距離にある自宅に帰る途中、軽自動車で連れ去られたとみられる。

 犯人は豪憲君の首を絞めて殺害し、遺体を能代市の米代川近くまで運び、抱き上げてガードロープ越しに草むらに遺棄した。捜査本部はこの間に、犯人の毛髪が豪憲君の衣服などに付着した可能性があるとみている。

 遺体や衣服からは、綿状の繊維片が採取されており、捜査本部は犯人が遺体を布やバスタオルのようなもので包んで運ぶなどしたとみている。一方、遺棄現場では事件前後に十数台の車の目撃情報があり、捜査本部は割り出しを急いでいる。

=2006/05/27付 西日本新聞夕刊=
(西日本新聞) - 5月27日14時42

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-05-27 20:22 | 秋田 藤里・男児殺害事件
長引いてくるとこんなことにもなってくる。。。
実在のバーと「ウワサの女」の名前と同姓同名の女性がえらく迷惑している。
こうやって、正体不明の犯人に姿形が肉付けされていき、ありもしない犯人像が作り出される。

ZAKZAK
飛び交うホステス説、町民“総記者”化-小1殺害
「町で一番大きなバーに勤めていた」

男児の遺体が見つかった現場が、報道陣に初めて公開された=23日午後、秋田県能代市二ツ井町
 秋田県藤里町で発生した小1男児殺害事件。能代署捜査本部は、殺害された男児(7)の「近所の女」に強い関心を寄せ、遺体遺棄現場で目撃され、タイヤ痕を残した「白い軽乗用車」の絞り込みを続ける。そんななか、山間の小さな町の住民は“総新聞記者”と化し、「容疑者はあの女だ」「すでに事情聴取が始まっている」などマスコミをしのぐ驚異的なスピードでうわさが広がっている。事件から1週間。「噂の女」は一体、誰?

 捜査本部は容疑者もしくは不審者に関する情報を一切、明らかにしていない。しかし、犯人にたどり着く最も“近道”を「白い軽乗用車」とみて、目撃情報の収集や分析作業を急いでいる。

 警察の捜査が進むなか、周辺の住民の間では、20日ごろから「近所の女が容疑者だ」とまことしやかにささやかれている。

 「もう、あとは物証がそろえば捕まえられるんだって。時間の問題だね」と話すのは藤里町に住む40代の農業を営む女性。旧二ツ井町(現・能代市)の理髪店店主は「きのう、警察が事情聴取をしたんだって」と、どこから聞いたのか、根も葉もない“捜査情報”談義に花を咲かせている。

 多くの周辺住民が語るのは「あの女は、二ツ井の飲食店街にある一番大きいバーで勤めていたことがある」というホステス説。うわさは飲食店街はもちろん、周辺の若い女性からおばあちゃんまでほぼ同じストーリーを語っており、「女」の普段の素行から「犯人だ」と断定している。

 取材を進めると、「近所の女」の名前は実在することが判明した。周辺では不審者や車両の目撃証言がないことから、「土地勘のある顔見知りによる犯行の可能性が高い」と一部マスコミで報じられたため、住民の間でうわさに真実味が出てきたようだ。

 「近所の女」が勤めていたと指摘されたバーに話を聞くと、ママは「そんな名前の女性は雇ってないよ。一切、記憶にない。どうしてうちの名前が出ちゃったんだろうね。新聞や週刊誌の記者が次から次へとやってきた」といらだちを隠せない様子だ。

 さらに不思議なのが旧二ツ井町に隣接する別の町でも「犯人の『女』が、この町の飲食店街で勤めていたことがあるとお客さんから聞いたわよ」(スナックのママ)とまったく同じようなうわさが発生していた。だが、いずれも「女」を雇用していた店は見つからず、うわさの真偽は不明のままとなっている。

 一方、「近所の女」と同姓同名の女性は、「人の目を気にして、ずっと家から出られない状態が続いている。ヤジ馬根性丸出しのおばあちゃんたちが、軽(自動車)で様子を見にくることもある」(近所の住人)という。

 実際、女性の様子を見に来ていたおばちゃんに声をかけると、一通りのストーリーを話した後、「またネタを仕入れてきて教えてやる」と手を振って去っていった。事件の長期化で小さな町の住民たちが“記者”となる異常事態はいつまで続くのか-。

ZAKZAK 2006/05/24


蛇足だが、妖怪って、こんな風に生み出されるのだろうかなんて思っちゃったり。
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-05-24 23:03 | 秋田 藤里・男児殺害事件

仙台 女児墜落事件

1Fまで夕刊を取りにいって、10分足らずの間に墜落していたらしい。
出てから10分たっても戻らないので姉が外に出たら、管理人が呼んだ救急車が着ていた、とNHKのニュースで報道されていた。
自分の背の高さとほぼ同じ壁を乗り越えて落ちるのは不自然だ。
もし、誰かに落とされたのなら、侵入者の形跡がないと言われてしまっては、マンション住民が怪しいと勘繰られることになる。
住民の方たちは気が気ではないだろう。
藤里の事件といい、周りが信用できない生活なんてたまらない。

Yahoo!ニュース - 共同通信 - 不審な傷見当たらず 侵入者の痕跡もなし
不審な傷見当たらず 侵入者の痕跡もなし

 自宅マンションから転落死した仙台市宮城野区苦竹の公務員半沢克典さん(49)の三女で小学4年の遥ちゃん(9つ)の司法解剖の結果、転落でできた傷以外、不審な傷は見当たらなかったことが24日、仙台東署の調べで分かった。
 転落したとみられる8階自宅前の廊下付近に、争った形跡がなく、マンション内の防犯カメラ計5台に、転落前後の時間帯はマンションの住民しか写っていないことも判明、仙台東署は、外部から不審者が侵入した可能性は低いとみている。
 司法解剖の結果、頭の右側や胸の骨が折れていたが、もみ合った形跡や不審な傷あとなどはなかった。体重は約26キロだった。
 マンションの管理会社によると、カメラは1階の入り口、非常口、駐車場、ごみ捨て場とエレベーター内の5カ所に、不審者対策で数年前に設置。
(共同通信) - 5月24日20時11分更新


と こ ろ で
2CHで拾ったレス。これは本当か?


820 :名無しさん@6周年 :2006/05/24(水) 22:26:55 ID:QqX7pzbG0
夕方の地元ニュース

遙ちゃんは手すりに身体を乗せ、手すりと身体を平行にして
バランスをとるような遊びをしていて、以前同じ階の住人に
危ないと注意されていた。

↑これは嘘なの?本当なの?

823 :名無しさん@6周年 :2006/05/24(水) 22:28:19 ID:/chJQaRp0
>>820
仙台放送で言ってたよ

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-05-24 22:08 | 記事スクラップ
白バイ隊員が取り逃がしたひき逃げ犯(殺人未遂だと思う)ついに逮捕。

佐賀県唐津市で、厳木(きゅうらぎ)小広川分校5年の家原毅(つよし)君(11)がひき逃げされ、別の場所に放置された事件で、佐賀県警は24日、道交法違反(ひき逃げ)と業務上過失傷害の疑いで指名手配していた同市船宮町、土木作業員坂口三之治(さのじ)容疑者(53)を同容疑で逮捕した。

 事件発生翌日の21日、県警白バイ隊員が職務質問したが、坂口容疑疑者はスキを見て逃走していた。県警は、逃走から4日目で逮捕にこぎつけ、毅君を置き去りにした動機や経緯を追及する。

 調べによると、坂口容疑者は20日午後5時過ぎ、同市厳木町星領の県道三差路をダンプカー(2トン)で走行中、自転車の毅君をはね、約1・5キロ離れた林道に置き去りにした疑い。
(読売新聞) - 5月24日21時33分更新

こうなると哀れだ。
53歳なんて、分別盛りだろうに。家族もいるだろうに。
逃げずに病院へ連れていってたら、まわりが救いの手を差し伸べたろうに。
山の中に放置するなんて、卑劣極まりない。愚かというも愚かなり。
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-05-24 21:55 | 記事スクラップ

韓国野党代表襲撃

お隣韓国では統一地方選挙で盛り上がっているようだが、信じられない事件が起こった。
最大野党ハンナラ党の朴槿恵(パククンヘ)代表がなんと、顔を切りつけられたというのだ。
その犯人の一人が与党ウリ党の党員というからおどろきだ。
にっくき対立政党とはいえ、女性の顔を切りつけるとは。韓国の女性蔑視を垣間見る思いだ。
ネットでは切り付けられた瞬間の写真が出回っている。
60針も縫ったと言う傷の割には出血がないのが不思議だが。
まあ、よその国のことなので、余計なことは言わぬが花だろう。

しかしねえ。

ひどいもんだねえ。


韓国野党代表襲撃 容疑者の1人、与党党員 統一地方選に影響か (西日本新聞) - goo ニュース
 【ソウル21日原田正隆】韓国の最大野党ハンナラ党の朴槿恵(パククンヘ)代表(54)が20日夜、統一地方選挙の遊説中に刃物で切りつけられ顔に重傷を負った事件で、刃物で襲った男(50)とともに警察に拘束された男(52)が与党ウリ党の党員であることが21日、分かった。2人は「互いに面識はない」と供述してるが、警察は共犯の可能性もあるとみて調べている。

 選挙を優勢に進めてきたハンナラ党は「背後を徹底捜査すべきだ」(金学元(キムハクウォン)・事件真相調査団長)と、組織的・計画的犯行の可能性に言及し反発を強めており、事件は31日に投開票される統一地方選に少なからぬ影響を与えそうだ。

 警察によると、刃物は所持していなかったものの、演壇のマイクを投げつけるなどした男は、2004年3月から毎月党費を納め、党内候補選での投票権も有するウリ党の「基幹党員」。党側もこの事実を確認し、党員資格はく奪を決めた。

 また、刃物で襲った男は特殊公務執行妨害罪などで14年以上服役したことがあり、警察の調べに対し「無実なのに服役させた関係機関へのうっぷんを晴らすため1人でやった」と供述。昨年12月にはハンナラ党の広報活動を妨害し、今回も遊説日程と場所を事前に確認した上で凶器としたカッターナイフを購入しており、警察は計画的犯行とみて、詳しい動機や背後関係を調べている。

 一方、朴代表の傷は右耳からあごにかけて長さ約10センチ、深さ1―3センチに達しており、縫合手術は60針以上、3時間に及んだ。退院に約一週間、完治には数カ月を要するという。

 盧武鉉大統領は21日、内閣に対し「疑惑が残らぬよう、検察と警察の合同捜査を通じ迅速に真相究明を」と指示した。

 =2006/05/22付 西日本新聞朝刊=


【追記】
与党大敗北を喫する。が。。。
地方選惨敗「重要でない」…盧大統領発言に反発の声
 【ソウル=平野真一】韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が2日に各省庁の広報担当者を集めて開いた会議で、5月31日の統一地方選での与党ウリ党の惨敗について「重要でない」と述べたことから、党内から「無責任」との反発が出ている。

 大統領は会議の席で、「(盧政権の政策への反発で)選挙に負けたのかもしれないが、私には重要なことでない」と言明。さらに、「1、2度の選挙で国がうまくいくのいかないの、どの党が台頭するの没落するのというのは、民主主義ではない」と、政策を変えない考えを強調した。

 ウリ党議員の一人はこの発言に対し、「大統領の安易な認識が現政府の危機を招いた原因だ」と批判。党内では、課税強化中心の不動産対策などへの国民の反発が敗因とみて政策見直しを検討していただけに、今後、大統領と与党の亀裂が広がる可能性がある。

(2006年6月3日21時14分 読売新聞)

口笛吹いて気にしない~か?
歴史に残るトンデモ大統領だな。
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-05-22 20:30 | ちょっと変じゃない?
よかった、見つかった。。。!
しかし、NHKニュースでは、頭蓋骨を折る大怪我、とのこと。
回復を祈る。
それにしても、未必の故意とやらで殺人未遂じゃないか。
卑怯きわまりない犯人に鉄槌を望む。
佐賀で行方不明の小5男児、山中で保護…大けがを負う : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
佐賀県唐津市厳木(きゅうらぎ)町広川、農業家原定生さん(48)の3男で、市立厳木小広川分校5年の毅(つよし)君(11)が20日夕、近くの親族の家を自転車で出た後所在が分からなくなった事件で、県警は21日未明、現場から約3キロ北の山中で毅君を見つけ、保護した。

 毅君は大けがを負っているが、意識はあるという。

 唐津消防署によると、21日午前1時40分ごろに、県警から救急要請があり、市内の病院に救急車で搬送した。

 県警唐津署の調べによると、毅君は20日午後5時半ごろ、親類宅を出た後、所在がわからなくなり、約30分後に親類宅から約350メートル離れた県道脇に毅君の自転車が放置されているのを発見。近くの路上には、50センチ四方に血痕や車のウインカーなどの破片があり、毅君のものと見られる靴があった。

 毅君の自転車のカゴには車のものと見られる青色の塗料が付着していたため、同署は、三差路を曲がろうとしていた毅君を、県道を直進してきた車がはね、そのまま連れ去った可能性もある、とみて、道交法違反(ひき逃げ)の疑いで100人態勢で捜査している。

(2006年5月21日2時50分 読売新聞)

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-05-21 21:12 | 記事スクラップ
ああああ、もう、子供をひどい目に合わせないで!!
Yahoo!ニュース - 時事通信 - 男児不明、県道に血痕=事故に遭遇か、自転車放置-佐賀
佐賀県唐津市で20日夕、小学5年男児が自転車で帰宅途中に行方不明になったと届け出があった。県道で自転車と血痕が見つかった。唐津署は、事故に巻き込まれた可能性があるとみて捜査を始めた。 
(時事通信) - 5月20日23時1分更新

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-05-20 23:45 | 記事スクラップ
3年前にも自宅全焼/秋田市仁井田の4人焼死火災
「助けてくれ!」。住宅は煙に包まれ、火の手は瞬く間に広がった。19日未明、秋田市仁井田蕗見町で起きた火災。火元の会社員野上嘉昭さん(52)一家は近所付き合いが良く、明るい家族と評判だったが、烈火は2階から助けを求める悲鳴とともに4人の命をのみ込んだ。

 近所の人の話では、野上さんは36年前、秋田市楢山で火事に遭ったことがある。さらに3年前の15年1月には、現在の同市仁井田で木造一部2階建ての住宅が全焼。このため、野上さんは住宅を建て直し、仏間のローソクにも火をつけないほど火の取り扱いには慎重だったという。

 野上さんの裏で理容店を営む女性(59)は「近所の人たちは皆付き合いがあって仲が良かった。(妻の)静枝さんはスーパーで働きながら、家のことも一所懸命だった」とやり切れない表情だった。

(2006/05/19 13:38)さきがけ on TheWeb

藤里の小1殺害事件で大騒ぎな秋田県だが、その県庁所在地である秋田市で大変痛ましい火事が起こった。家族4人が焼死してしまったのだ。
この家は、3年前にも全焼しており、以来オール電化にして慎重に慎重を重ねた生活をしていたというのに、運命は残酷だ。
しかも、36年前にも(家の場所は違うが)火事にあっていたとの記事が!

…こんなことってあるんだろうか。

空恐ろしいものを感じてしまった。
火事の原因は調査中だ。

藤里の事件のように、偶然性が事件をより複雑で恐ろしいものに変化させていくさまを見ていると、偶然って本当に「偶然」なんだろうかと勘繰ってしまう。。。

どうか、どちらも早く解決しますように。。。

       

        無念にも亡くなった方々のご冥福を心からお祈りします。
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-05-20 13:05 | 記事スクラップ