記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー

<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

英国レディ オソロシス

コンピューターばあちゃんになるのと、コロコダイルクロコダイルばあちゃんになるのと、将来どっちが有効だろうか。
でも、やっぱ、胆の据わり方っちゅーのが大事だろうな。
ミサイル飛んできても平然と部屋の窓際で編み物していそうだな。

こないだの戦争よりおとなしいもんだわよ、とかってな。

Yahoo!ニュース - ロイター - 80歳の「クロコダイル・レディー」、強盗を撃退
[ロンドン 24日 ロイター] 英国の80歳の女性が、ナイフを持って押し入って来た強盗を、さらに大きな包丁で撃退した。その撃退には映画「クロコダイル・ダンディー」の名台詞が使われたという。英地元紙が伝えた。
 手にナイフを持ち、マスクを被った男が押し入った際、女性は、悲鳴を上げながら階下のキッチンに走り、巨大な肉切り包丁をつかんだ。
 驚く強盗の腹部に刃渡り約36センチの肉切り包丁を突きつけ「そんなのはナイフとは言わない。これをナイフと言うのよ」と言い放った。これは、映画「クロコダイル・ダンディー」で俳優ポール・ホーガン演じるダンディーが、ニューヨークで路上強盗に遭った有名な場面での台詞。強盗の持っていたナイフは刃渡り約25センチだった。
 強盗たちは不法侵入の罪で投獄された。
(ロイター) - 7月25日20時40分更新

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-07-29 10:38 | 記事スクラップ

今朝の地元紙

今朝の地元紙によると、彩香ちゃんの事故の再捜査を願うようなビラを配ったりしていたのは、鈴香容疑者が「親族・家族」に疑われないようにするためではなかったか、と言う見方が有力だそうだ。
彩香ちゃんが亡くなったことを事故ではないと思っていたのは他でもない、鈴香の家族たちだった。
だからこそ本人が引っ込みがつかず、悲劇の母を演じる羽目になったのではないかということだ。

まさにウソの上塗りなのだが、子殺しとどこまでごまかせると思っていたのだろう。
その心中を思うと空恐ろしさを感じる。
そのあげく、全く無関係の豪憲くんまで殺したのだ、この女は。

そういえば、逮捕された当初、家族を慮り報道関係者に取材の自粛を呼びかけていた。
そのときの理由が、「彩香ちゃんが亡くなったとき、(鈴香の)母親が自殺しかねない状況になった」からだった。家族たちにとって、彩香ちゃんの死は、それほどまでに衝撃的だったのだろうと思う。鈴香はともかく、その家族はどれほど暗澹たる気持ちだろうか。
と、思いつつ、これも鈴香の言葉であることからどこまで本当かわからない。

なにからなにまで、日本中がこの女のウソに振り回されているのではないか。
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-07-22 12:12 | 秋田 藤里・男児殺害事件
室蘭民報:FLASH24:社会・科学
頭部の骨折に生活反応 秋田の連続児童殺人事件
 秋田の連続児童殺人事件で、畠山鈴香容疑者(33)の長女彩香ちゃん=当時(9つ)=の骨折した頭の周囲に、折れた時は生きていたことを示す生活反応があったことが19日、分かった。
 骨折の程度から川に転落した際に折れたのか疑問があることも判明。畠山容疑者が突き落とした時の状況について「一部は記憶にない。後で思い出す」などと供述しており、能代署捜査本部は、彩香ちゃんが鈍器などで殴られ、落とされた可能性もあるとみて追及している。


なんだよこれ!!
生活反応ないって言ってたじゃないか。
なんていい加減なことやってんだよ。

検死した責任者、出て来い!!!
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-07-20 08:03 | 秋田 藤里・男児殺害事件
またエンコリから拝借。
戦争はダメだけど、こういう外交戦はどんどんがんばって欲しい。
これなら文句いう頭でっかちのサヨクも黙るだろ。
それにしても、皆、かっこよすぎ(・∀・)
産経はアメリカ寄り、ってよく聞くので鵜呑みにするのはどうかと思うが、まあ、国の一大事に政治家がどう動いたか知っておくのは大切だ。
アメリカは尊大で雑で嫌いだが、やはり大国、頼りになる。
今後、こういう仲を築ける首相は出るだろうか。いないと困るんだが。
麻生さん、いっぺんやってみてくれないかな。




中国の「議長声明」にしたいという意向に対して

小泉首相「安保理決議を目指せ、最後まで突っ走れ」

ブッシュ大統領「米国代表団は小泉を困らせるような結果にはするな」



■対北決議採択10日間の攻防 小泉首相「最後まで突っ張れ」中国譲歩させた日米の絆。

北朝鮮をめぐる国連安全保障理事会を舞台にした攻防は、決議の採択という形で一応、決着した。
10日間にわたる攻防と混迷の過程を振り返る。

「ミサイル発射は日本の安全保障にとり脅威だ」
大島賢三国連大使は制裁決議案を提示した7日、安保理非公式協議でこう明言した。
日本にとり妥協の余地がないことを内外に宣言したのだ。国連外交筋は「『直接の脅威』という強い 表現を日本の外交官から聞いたのは初めて。日本の覚悟を感じた」と振り返る。
 当初、安保理のメッセージとしては最も位置づけが低い報道声明による解決を提案した中国。
それがやがて議長声明へと譲歩し、中朝協議が不調に終わるのを見越すや、ロシアと非難決議 の提示に踏み切った。
 このとき、中国の王光亜国連大使は「制裁決議案が採決されるなら、(本国から)拒否権行使の指示 を受けている」。拒否権行使をちらつかせるのは中国のいわば常套手段。だが、「ここまで露骨に明言 するのは異例だ」(欧州外交筋)と周囲を驚かせた。それは裏を返せば、日本の強い姿勢を目の当たり にした「中国の焦り」(国連外交筋)どともみられた。

「これなら全会一致で採択できる。日本の勝利だ」
 16日未明、ハドリー米大統領補佐官は、安倍信三官房長官に電話をかけ、国連憲章7条を削除した 決議案への賛同を求めた。
 「十分に法的拘束力はある。米国は採択の際、拘束力があることを明言する考えだ」。
念を押すハドリー氏。決議案の「国際平和と安全の維持への安保理の責任」という表現に加え、採択に あたり口頭によって決議の拘束力を確認すると説明した。安倍氏は提案に理解を示したものの、最終的 な判断は麻生太郎外相とライス米国務長官の電話協議に委ねることで合意した。
 その麻生外相は15日深夜、外務省幹部から妥協案をのむかどうか決断を迫られていた。
「日本以外の14カ国はすべて賛成です」と説明する幹部。麻生氏は「7章にかわる表現で本当に制裁が 担保されるのか。中国を含めた14カ国が本当に賛成するのか。もう一度確認を取ってから連絡をくれ」と 念を押した。
 「日本の国家としての意思を問われている。中国の拒否権行使もいとわない」と考える麻生、安倍両氏 にとり「制裁」の根拠となる7章の削除は苦渋の決断だった。
 ハドリー氏との電話協議を終えた安倍氏は即座に麻生氏に電話をかけた。
「厳しい選択ですが、よくここまでこれたとも言えます。最後は麻生さんの判断にお任せします・・・」。
麻生氏は腹を固め、秘書官に言った「ライス氏と話をする。電話をつないでくれ」
政府内が常に1枚岩だったわけではない。早期の妥協を模索する動きもあった。
とりわけ12日に中国とロシアが非難決議案を提示して以降、外務官僚は「落としどころ」を探ろうとはやる。
 14日、麻生氏の堪忍袋の緒が切れた。大臣室。
「こちらが突っ張ったから、中露は議長声明から非難決議に譲歩したんだろ。あんたらは優秀かもしれないが、 けんかの仕方をしらないんじゃないか。成功するまで報告はいらない」
 幹部を叱責すると姿を消した。背水の陣を促したのだ。
 15日午後、安倍氏の電話が鳴った。国連日本政府代表部の北岡伸一次席大使だった。
「英仏両国が7章を削除した妥協案を提示しています。国際社会に強いメッセージを発する内容で、中国も 賛同の意を示しています。むしろ日本がまとめ役として・・・」
 安倍氏は「こちらはすでに第7章を40条(暫定措置)に限定するところまで譲歩しているではないか」と 不快感をあらわにした。電話を切るとため息まじりにつぶやいた。「日本が降りるにしても最後の最後。
ギリギリまで妥協に応じる素振りすら見せては駄目なのに、なぜ分からない」
 この一件は外務省にも伝わった。谷内正太郎事務次官は、即座に外務省飯倉公館に幹部を非常招集し、 「最後まで日本政府は基本方針を貫く。最終的に妥協に応じるかどうかは閣僚レベルの政治判断だ」との旨 を徹底させるように指示した。
 ニューヨークで14日夕(日本時間15日午後)、安保理常任理事国の非公式協議に、日本が再び態度を硬化 させたのはこのためだった。中国の王大使は「一部の国が過剰反応している」と日本を批判した。

 安保理での駆け引きが続く中、小泉純一郎首相が中東へ出発する直前に安倍、麻生両氏に出した指示は ただ一つだった。

「最後まで突っ張れ。決して引くな」

 ブッシュ米大統領のホワイトハウスへの指示も「小泉を困らせるな」のひと言だったと伝えられる。非難決議 採択にこぎつけた最大の要因は、小泉首相とブッシュ大統領が築き上げた「日米の絆」だったいえる。

ソース:産経新聞-東京版-3面をテキスト化
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-07-17 16:22 | 北朝鮮ミサイル発射

気になる韓国の動向1

某所からいただいてきた韓国政府発言の時系列一覧。
2chにも張られているけど、出所はどこかな。
まあ、おもしろいのでスクラップ。

7月10日…「日本の一方的な決議案推進は望ましくない」(韓国政府)
7月10日…「北のミサイルは、どこの国も標的としていない」(青瓦台)
7月10日…「発射は訓練」北批判の国内世論に反論(青瓦台)
7月11日…日本閣僚の「先制攻撃の正当性」発言に対し、「侵略主義的な性向を示すものとして強く警戒せざるを得ない」(青瓦台)
7月11日…「中国の拒否権行使を期待する」「日本とは行動を共にしない」(韓国政府)
7月12日…制裁決議案に反対の立場を明言(潘基文外相)
7月13日…制裁決議案の無力化図る…国連憲章第7章の適用に反対(韓国政府)
7月14日…日本主導による対北制裁決議案は明白な侵略主義(ウリ党議員43人)
7月15日…「制裁はイラク攻撃のような事」(盧武鉉大統領)
7月15日…「北のミサイルは米国に譲歩を要求する政治的な行為だ」と米国を批判(盧武鉉大統領)
7月15日…「日本が北を煽れば攻撃する可能性、しかし韓国を攻撃するミサイルは持ってないし、攻撃すると言った事もない」(ウリ党・金元雄議員)
7月15日…「日本を6カ国協議から排除すべき。協議を進める上で障害となっている」(ウリ党・金元雄議員)

━━━━━安保理決議案採択━━━━━

7月16日…「これまで韓国政府は北朝鮮のミサイル発射に対し、国際社会と共に厳重な警告をしてきた」(韓国政府)
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-07-17 12:43 | 北朝鮮ミサイル発射
今日の魁新報は、動機について、鈴香容疑者が東京へ行くのにジャマだった、と報じている。
が、どこまで本当なのか、この女は判らない。
また、彩香ちゃんが水死した当初、能代署はどこまで詳細に捜査していたのか、これまでも「いいかげん」と批判されていたが、なぜ今頃になって遺体の傷が判明してくるのだろうか。
そもそも、彼女の遺体は、ほとんど無傷だったのではなかったか。
だから事件性を調べて欲しいと彼女の母親が訴えていたのだが。。。あれ?
その母親は言うまでも無く鈴香容疑者で、遺体が綺麗過ぎるといったのも鈴香だ。

遺体が無傷だったという根拠は鈴香の訴えだけだったのか?みんな、騙されていた???
今の報道は、希代の嘘吐きである鈴香容疑者に振り回されていたってことか??

いったい、検死結果はどういう報告をしていたのか。もしかして、公式の結果報告書以外に遺体の状況を記録したものがあったのかもしれない。
そして、それを能代署は検証せずに、事故として処理をした。そういうことだ。
なぜだろう。
まさかそこに誰かのなんらかの意思があったのかとさえ思う。

たしかに当時はコンビニ強盗や、選挙で警察は多忙を極めていた。そんな中で、子供の水死は脇に置かれてしまったように見える。遺体の状況という、命を失った子供のこれ以上ない訴えを大人たちは忙しさにかまけて、結局は受け止めてやれなかった。
そして、もしかしたらもっと確固たる意思が働いて事故扱いされたのでは、と想像してしまう。
この事件の真相を解明するのに必要なのは、鈴香容疑者の動機だけではない。なぜ、警察が事件性を見落としたのかも重大な疑問だ。
まだまだ真相は深い霧のむこうだが、県警には是非、真実を突き止める強い意志をもって、全力で捜査をして欲しい。ことは身内を糾弾することになるかもしれない。でも、最初の殺人がなければ、次は無かったのだ。

彩香ちゃん事件があったから、豪憲君は殺されたのだ。

秋田県警は人々の批判を真摯に受け止め、行動に現すことができなければ、今残っている信頼までもすべて損ねるだろう。

嘘をついている人も、隠し事をしている人も、なにもかもぶちまけることこそが、殺された子供たちへの本当の供養なのだと思う。

罪を白日の下に晒すということは、溜まった膿をだすということだ。それは、歪んだ大人たちを治療することだ。そして、これからそんな大人たちを見て生きていく子供たちのために必要なことだ。

彩香ちゃん、頭から転落か
藤里町の藤里小1年、米山豪憲君=当時(7つ)=殺害事件で殺人容疑で再逮捕された畠山鈴香容疑者(33)の長女、彩香ちゃんの遺体の亀裂骨折のあとは、頭頂部の右寄りにあることが16日までの調べで判明。遺体の状況から県警捜査本部は、彩香ちゃんは体を右側に傾けながら、頭から川に転落した可能性が高いとみて当時の状況を調べている。

 これまでの調べで、彩香ちゃんの遺体の亀裂骨折のあとは頭頂部右側で、右側頭部には内出血があったことが判明。骨折は、転落後に川底に頭をぶつけた際のものとみられる。さらに首の前側には、この時にひねってできたとみられる内出血が確認されており、頭部から転落した可能性が高いことを示す材料となっている。

 仮に川を向いて欄干に座った状態から尻を滑らせ転落した場合は足から落ちるのが自然で、頭部の骨が折れる可能性は低いという。

 彩香ちゃんは4月9日夕に行方不明となり、翌10日午後1時半ごろ、大沢橋から約3キロ下流の藤琴川の浅瀬で遺体で発見された。司法解剖の結果、死因は水死で、死亡推定時刻は9日夕方ごろと判明している。

 畠山容疑者は、彩香ちゃんの水死について事故死の可能性が高いとみていた能代署に対し、再三にわたり再捜査を要請。捜査本部はこうした不可解な行動を取った理由についても注目している。
(2006/07/17 09:19
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-07-17 10:51 | 秋田 藤里・男児殺害事件
地元紙の記事。
動機は「邪魔になったから」
彩香ちゃんは、亡くなった当日、いつものように元気よく近所の店にいって昼食用のカップめんを選んでいたそうだ。結局一番好きなカップやきそばを買って、お財布からお金をだしてはらって帰った。そのあと、母親と車で出かけてコンビニでピカチュウの人形を買い、二ツ井でガソリンを入れている。そして大沢橋で母子でいるところを目撃されているのだ。
普通の休日。でも、だいすきなおもちゃを買ってもらったりして楽しかったろうに。
なんでもないことでも子供って、楽しんでるよね。
それなのに。。。。

嘘吐きの鈴香容疑者のことだからこれから供述がどう変わるか予断ができない。
秋田魁速報
 藤里町の藤里小1年、米山豪憲君=当時(7つ)=が殺害された事件で、殺人容疑で再逮捕された畠山鈴香容疑者(33)=死体遺棄罪で起訴=が、4月に水死した長女、彩香ちゃん=当時(9つ)=について「(大沢橋の上から藤琴川に)突き落とした」と供述していることが15日、分かった。動機について「(娘が)邪魔になった」などと話しているという。県警捜査本部は殺人容疑で立件する方針を固め、一両日中に再逮捕する。

 調べによると、畠山容疑者は4月9日夕、彩香ちゃんと一緒に藤琴川に架かる大沢橋に向かった。畠山容疑者はいったん、彩香ちゃんは誤って「橋から転落した」と供述。不自然さなどを指摘されると、彩香ちゃんを下流側の欄干(高さ約1・1メートル)に座らせた後に「突き落とした」と供述を翻した。

 畠山容疑者は彩香ちゃんが転落した後、助けを求める行動を取っておらず、捜査本部はその点を重要視。殺人容疑に問えると判断した。

(2006/07/16 06:51)

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-07-16 07:32
まだ不可解。

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <秋田男児殺害>畠山容疑者「娘突き落とした」殺人再逮捕へ
秋田県藤里町立藤里小1年、米山豪憲君(7)の殺害事件で、殺人容疑で逮捕された無職、畠山鈴香容疑者(33)が県警能代署捜査本部の調べに対し、4月に水死した長女彩香ちゃん(9)=同小4年=を4月9日、藤里町内の藤琴川にかかる大沢橋の上から突き落としたと供述していることが分かった。秋田地検は17日に畠山容疑者を豪憲君に対する殺人罪で起訴する方針だが、捜査本部は畠山容疑者を彩香ちゃんに対する殺人容疑でも取り調べ、近く再逮捕する方針を固めている。
 捜査本部の調べに対し、畠山容疑者は4月9日夕方に自宅から約3キロ離れた藤琴川を見に行った際、「橋の欄干から彩香が誤って足を滑らせて川に落ちた」「気が動転して助けは求めなかった」などと供述していた。その後、15日までに「娘を橋から突き落とした」と供述した。
 当時、橋の上に畠山容疑者と彩香ちゃんらしい母子がいるのを住民らが目撃していた。
 彩香ちゃんは4月10日になって橋から4キロ下流の浅瀬で水死体となって発見された。この後、能代署が「事故死とみられる」と発表したことに対し、畠山容疑者は不満を表し、情報を求めるビラを作成して警察に再捜査を求めていた。捜査本部ではこうした不可解な行動と彩香ちゃんを殺害した動機との関連についても追及している。
(毎日新聞) - 7月16日3時6分更新

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-07-16 05:16 | 秋田 藤里・男児殺害事件

嘘の迷路

自ら大変なことをしでかしてしまったとき。
もう、取り返しの付かないことをしてしまったとき。
私だったらどうするだろう。
罪の大きさに慄き、閉じこもって震えているかもしれない。
誰かに助けて欲しくって、青い顔をして立っているかも知れない。
誰かに縋りたい。
犯した罪を無かったように取り繕いたい。
忘れてしましたい。
自分は、本当はもっと上等な人間だと認めてもらいたい。
子を亡くした可愛そうな母親。そんな目で注目を浴びて、それを演じ続けなきゃ本当じゃない。
そう思う。
ウソなのに、ウソであることをごまかしたくて、逃げたくて、演じる。
それが真に迫ると演技が本当になる。
自分は普通の母親だったんだと。
人の子を殺したけど、手を合わせて日々詫びる、そういういい人間なんだと。
思い込みたい。そして、思い込む。理屈なんか通じない。わけが判らなくなる。

本当のことをいいたいけど、どれが本当かわからない。
自分が何者なのかも。
子供はどこへ消えた?
自分が何をした?

なにもかも知っているのは自分だけ。なのに、もう、ウソだらけで何から片付けたらいいのか途方にくれる。

部屋は雑然。ゴミだらけ。

娘はどこへ行った?どこへやってしまったの?
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-07-15 14:40 | 秋田 藤里・男児殺害事件

急展開?

意外な供述を始めたらしい。
あの橋では昨年、投身自殺があって、身投げした人は即死だったそうだ。
そんなところから落ちたら女の子の身体に傷が無いはずはない。
畠山容疑者が主張していたこととは全く矛盾する。

娘が落ちて、動転して助けを呼ばなかった、なんてどういう言い訳だろう。

この女は希代の嘘つきだと思う。

いずれにしろ、綾香ちゃんの事故死は甚だ怪しくなっている。
県警の捜査がおそろしくいいかげんであったのだろうか。
まさか、うすうす事件とわかっていて事故扱いしたのでは、と勘繰りたくもなる。

秋田男児殺害:「娘、川見せる際に欄干から転落」と供述-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ
秋田県藤里町立藤里小1年、米山豪憲君(7)殺害事件で、殺人容疑で再逮捕された無職、畠山鈴香容疑者(33)が県警能代署捜査本部の調べに対し、4月に水死した長女彩香ちゃん(9)=同小4年=は「一緒に川を見に行った際、橋の欄干から誤って足を滑らせて落ちた」「気が動転して助けは求めなかった」などと供述していることが分かった。捜査本部は彩香ちゃんの失跡当日、畠山容疑者に似た女性と子供が同じ橋の上にいたという目撃情報も把握しており、当時の状況や新たな供述と豪憲君殺害の動機との関連について慎重に調べている。

 これまでの調べに対し、畠山容疑者は「彩香は4月9日午後4時ごろ、『人形を見せに行ってくる』と言って自宅を出たまま戻らなかった」と供述していた。

 新たな供述によると、同日夕、自宅で彩香ちゃんと2人でサクラマスの描かれた漫画を読んでいた。彩香ちゃんが「見に行きたい」と言ったため、「一緒に見に行こう」と軽乗用車に乗り、自宅から約3キロ離れた藤琴川の大沢橋まで行った。彩香ちゃんは畠山容疑者に支えられ欄干に上り川を見ていたが足を滑らせて転落したという。畠山容疑者は同日午後8時ごろ同署に捜索願を出した。

 彩香ちゃんの遺体は翌10日午後1時半ごろ、同橋から約4キロ下流の浅瀬で見つかった。死因は水死だった。捜査本部の調べで、4月9日夕、同橋に畠山容疑者のものとみられる軽乗用車が止まっていたのを複数の人が目撃。女性が橋の上で子供を抱き上げている姿を見た人もいたという。

 捜査本部は当初、彩香ちゃんが自宅近くの河原で誤って足を滑らせた事故死との見方を強めていた。しかし、(1)当時、転落現場付近の水量が少なく、遺体が1日で7キロ流れるのは困難(2)彩香ちゃんの頭に軽度の骨折の跡がある--などから、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて豪憲君殺害事件と並行して捜査を継続。今月10日、彩香ちゃんに見立てた人形を同橋付近から流し検証した。欄干から川面までは約5メートルで、遺体の傷と矛盾しないか調べている。

 畠山容疑者は逮捕前、毎日新聞の取材に「彩香は水を怖がっていたので、川には近付くはずがない。何らかの他人の力が加わっているはず」と話していた。同署の捜査に不満を持ち、彩香ちゃんの死の真相を知りたいとビラを作って周辺の飲食店などに配ってもいた。

 畠山容疑者は豪憲君殺害の動機を「子供をさらってどこかへ置いてきたら、(彩香ちゃんの水死について)警察が動いてくれるのではないかと思っていた」と供述している。

 捜査本部は、なぜ転落したことを知らせずに捜索願を出したり、再捜査を望んだりしたかなど、畠山容疑者の心理状況についても追及している。

 捜査本部は6月、豪憲君殺害事件で死体遺棄容疑で畠山容疑者を逮捕。起訴後、殺人容疑で再逮捕している。

毎日新聞 2006年7月14日 3時00分

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-07-14 09:18 | 秋田 藤里・男児殺害事件