記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー

<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

自民党総裁決定。

安倍氏が当選。晴れて首相になるんだな。
初の戦後生まれの宰相だそうだ。

でも、だいじょうぶかね。

麻生氏のほうが頼りがい有りそうだったんだが。

いざというとき、ちゃんとケンカできるんだろうか。
統一教会とはほんとに関係ないんだろうか。
なんだかしがらみがありそうな人だしな。

先行き不安。
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-09-20 19:43 | 記事スクラップ
第二の指輪物語!?
クリストファー・トールキン氏の名前は何度か聞いたことがあったが、そうかあ。
例の映画3部作で一通り指輪関係の本は読んだつもりだったが、まだ邦訳されていないものも
多くて、その中にクリストファー氏の本があったような気がする。
指輪のマイブームはいつの間にか過ぎ去ってしまった。
題名の、フーリンって誰だっけ?と思ってちょっと調べたら思い出した。
あの、ものすごく不幸な人間の名前だ。
これはシルマリルオンでも語られていたはずなので、引っ張り出してみようと思う。
似たような名前がいっぱい出てきてそれだけで私には難解な本だけど。
おそらく、「チルドレン・オブ・フーリン」は大悲劇の物語だ。シルマリルオンで読んだら、それだけで欝になった。なぜ、あんな残酷な目に会わされなければならないんだというくらいひどい目に会う。
フーリンだけならまだしも、その、息子、娘、そして妻。
大恩あるエルフたちとその王国。
ただの悲劇として描かれるならあんまり読みたくないテーマだが、そこは父親の遺志と継いだクリストファー氏、期待したい。
でも、邦訳されるのはまたずっと先なんだろうなあ。

Yahoo!ニュース - 時事通信 - トールキンの未完作を息子が完成=来年出版、第2の「指輪物語」か【ロンドン19日】「ロード・オブ・ザ・リング」(指輪物語)で有名な作家、故J・R・R・トールキンの未完の小説が、息子のクリストファー・トールキン氏によって完成され、来年、ハーパーコリンズ社から出版されることとなった。
 この作品は「チルドレン・オブ・フーリン」で、故トールキンが1918年から書き始めたが完結しなかった。クリストファーさんが父親が残した多くの草稿などを基に、約30年をかけて完成させたもので、指輪物語と同様、妖精や小人が登場する。クリストファーさんは故人の生存している3人の息子の1人で、父親の作品の編集・編纂に当たっている。
 ハーパーコリンズ社は、冒険と悲劇、仲間の連帯感、英雄的行為に満ちた叙事詩であるこの作品は、トールキンのストーリーテラーとしての才能を示す最高の作品のひとつで、指輪物語と同様の劇的で力強い叙述によって、トールキンが本来意図したものを十分に楽しめる内容になっているとしている。
(時事通信) - 9月20日12時38分更新

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-09-20 19:11 | 記事スクラップ

ローマ法王発言に驚いた

ローマ教皇、開祖ムハンマドを批判。
なら、カトリックは何やったんだよ、と思わず突っ込みたくなるようなご発言。
ジハードがいけないなら、十字軍遠征はなんだったのだ。
宗教のトップが、人の宗教にけち付けなさんな。
コレが元で新たな宗教間の紛争が勃発したらどうすんだ。軽率に過ぎる。
まったく、宗教なんてとても個人的なものだろうに、どうして他人を傷つけることが出来るんだろう。
Yahoo!ニュース - 時事通信 - イスラムは「邪悪」=ローマ法王発言に怒り広がるイスラムは「邪悪」=ローマ法王発言に怒り広がる

 【ニューデリー15日時事】ローマ法王ベネディクト16世が、イスラム教が本質的に暴力を容認する宗教であるかのような発言をし、イスラム諸国から怒りの声が相次いでいる。2001年9月の米同時テロ以来、欧米の一部にはイスラムの教義そのものに暴力の原因を求める議論があり、イスラム教徒の神経を逆なでしてきた。パキスタン議会は15日、法王に発言の撤回を求める非難決議を全会一致で採択した。
 ローマ法王は12日、訪問先の母国ドイツの大学で行った講義で、東ローマ帝国皇帝によるイスラム批判に触れ、「(イスラム教開祖の)預言者ムハンマドが新たにもたらしたものを見せてほしい。それは邪悪と残酷だけだ」などと指摘。その上で、イスラムの教えるジハード(聖戦)の概念を批判した。 
(時事通信) - 9月16日1時1分更新

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-09-16 20:08 | 記事スクラップ
ひさひと、と読むそうだ。
さすが優雅な命名をされるもんだなあ。
ゆずの人はゆうじんと読むそうだ。
仁と書いてひとと読むのは、平民にはもったいないというか位負けだと思うが、今の親はそんなデリカシーないだろうから同名がでてくるかも。
先代の皇后さまは良子と書いて「ながこ」と読まれた。なんか、この響きが好きで覚えている。
清子と書いて、「さやこ」だし。いいなあ、雅やかで。
はやくお顔が見たいな。赤ちゃんはどんな生まれでもかわいい。
赤ちゃんはいつも、どんなときも「幸せ」なんだから。
未来の天皇陛下じゃなくてもありがたい存在だと思うよ。

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <命名の儀>秋篠宮ご長男、悠仁(ひさひと)さまに篠宮ご夫妻の3番目のお子さまの名前が「悠仁(ひさひと)」に決まり、一般のお七夜にあたる12日午後、紀子さまとお子さまが入院する東京都港区の愛育病院で、「命名の儀」が行われた。ご夫妻は「ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩んでいく」ことを願って命名したという。紀子さまと悠仁さまの経過は順調で、今週末にも退院する見通し。
 宮内庁によると、名前は、秋篠宮さまが7月ごろから男女それぞれを考え、宮内庁に歴代の天皇や皇族の名前として使われていないか、繰り返し調べてもらうなどした。6日の誕生後に、「ひさひと」という音に合う漢字を三つほどに絞り込み、漢学者や国学者に由来や意味などを聞いたうえで、天皇陛下に相談した。
 秋篠宮さまは迷った末に11日朝決めて、天皇、皇后両陛下に宮内庁職員を通じて報告したという。皇太子さまの「浩宮(ひろのみや)」、秋篠宮さまの「礼宮(あやのみや)」など幼少時の称号は、皇室の慣例で、天皇と皇太子の子どもだけに付くことになっており、悠仁さまにはない。
 身の回りの物に名前代わりに付けるお印(しるし)は「高野槇(こうやまき)」に決まった。高さ約30~40メートル、幹の直径は1メートルにもなる常緑針葉高木だ。ご夫妻の「大きく、まっすぐ育ってほしい」との気持ちが込められているという。
 「命名の儀」は午後3時35分から、病院の個室で行われた。秋篠宮さまからお子さまの名前が書かれた和紙を宮務官(秋篠宮家の世話担当職員)が受け取り、紀子さまに見せ、白木の桐(きり)の箱に納めた。さらに宮務官は、紀子さまからお印を記した和紙を受け取り、秋篠宮さまに見せて同じ箱に入れた。名前とお印は秋篠宮さまが筆でしたためた。その後、宮務官がお子さまの枕元に箱を置き、同40分に終了した。
 悠仁さまの名前は14日にも官報に掲載され、週明けに皇室の戸籍簿である「皇統譜」に登録される。【桐野耕一】
(毎日新聞) - 9月12日21時27分更新

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-09-12 22:44 | 記事スクラップ
漫画家小畑さんの逮捕に続き、こんどは映画の監督の訃報が届いた。
50歳じゃまだまだ若い、若すぎる。
さぞ無念のことだったろう。合掌。
Sankei Web > 訃報 > 高瀬比呂志氏(映画撮影監督)(09/08 07:50)高瀬比呂志氏(映画撮影監督)
 高瀬比呂志氏(たかせ・ひろし=映画撮影監督)7日、脳梗塞(こうそく)のため死去、50歳。通夜は10日午後6時、葬儀・告別式は11日午前10時、東京都府中市多磨町2の1の1、日華斎場で。喪主は弟、勉(つとむ)氏。

 日活撮影所で撮影助手として活動後、平成7年に独立。日本アカデミー賞優秀撮影賞を受賞した「失楽園」のほか「デスノート」などを撮影した。

(09/08 07:50)



ちょっといろいろありすぎ、デスノート。
映画の後編はどうなるんだろうか。

【補足】
高瀬氏は撮影監督で、いわゆる映画の監督とは別。
なんか勘違いして記載してしまったが、映画撮影は済んでおり、上映自体に問題はないだろう。
もっとも不幸続きのこの映画。他に影響が出なければいいが。
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-09-08 18:04 | 記事スクラップ

ライトの呪いかもね。

ライトの呪いかもね。とかいって。
刃物を所持する確かな理由があれば逮捕されることは無い、という程度のことだそうだから、これで逮捕って、よっぽど怪しい言動か、挙動不審だったのかしら。
デスノートが完結したあとでよかった。
ちなみに私は、この人の作品では「サイボーグGちゃん」が大好きだったりする。
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <銃刀法違反>「デスノート」の漫画家逮捕 ナイフ所持容疑「ヒカルの碁」や「デスノート」の作品で知られる漫画家の小畑健容疑者(37)=東京都武蔵野市境=が、銃刀法違反容疑で警視庁石神井署に現行犯逮捕されていたことが分かった。
 調べでは、小畑容疑者は6日午前0時45分ごろ、練馬区大泉町の都道で、乗用車内に折り畳み式のアーミーナイフ(刃渡り8.6センチ)1本を所持していた疑い。車のヘッドライトを消したまま走行していたため、同署員が職務質問した。
 小畑容疑者は89年にデビュー、03年には「ヒカルの碁」で第7回手塚治虫文化賞新生賞を受賞している。【石丸整】
(毎日新聞) - 9月7日12時56分更新

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-09-07 21:00 | 記事スクラップ

高専女子学生殺害事件

警察には出来ないことをまた週刊誌がやった。
いまだに見つからない容疑者の少年。といっても19歳だ。
やけになって誰かを傷つけたりしたら、とか、自殺したら、とか誰でも考えるだろう。
青いバイクをようやく公表し、しばらくして当時の服装も公開したが、顔と名前は一向に出すつもりの無い警察に業を煮やし、週刊誌がやってのける。
これは仕方の無いことじゃないのか。
そして、2chでさらされてあっという間に全国に知れ渡る。
そんな風になる前に警察がやるべきことだと思うのだが。

Yahoo!ニュース - 時事通信 - 男子学生の実名、顔写真掲載=高専女子学生殺害で週刊新潮-「身柄確保を優先」
 山口県周南市の徳山工業高等専門学校で同校5年の中谷歩さん(20)が殺害された事件で、県警周南署捜査本部が殺人容疑で逮捕状を取った同級生の男子学生(19)の実名と顔写真が、7日発売の「週刊新潮」(新潮社)に掲載されることが6日、分かった。
 同誌は、「徳山高専殺人『19歳容疑者』の隠された『実名と顔写真』」と題する記事で掲載。記事中で「凶悪事件において、犯人の身柄確保以上に優先すべきことがあるはずがない。そのための実名と顔写真の公表は、犯人の『自殺・再犯』の抑止にもつながる」などとしている。 
(時事通信) - 9月6日21時1分更新


【追記】
9月7日、容疑者少年が学校付近の山林で首吊り死体となって発見された。
現場の様子から、事件直後に自殺したものと見られている。
バイクも近くで自殺現場近くで見つかっている。
殺人事件で指名手配された容疑者を少年であろうとも実名報道されることに異論はないのだが、あまりに後味が悪い。
結局、女子学生はなぜ殺されたのか真相がわからないままなのだ。
それに、警察の捜査はまったく不備であったと感じてならない。
いったいどこを探していたのか。
自殺の可能性だって充分考えられたのではないのか。
前途有望な女子学生の無念さを思うと胸がいたみ、ご両親の悲哀は計り知れない。
犯した罪は許されざるものだが、それでもこの少年が哀れでならない。

犯人を捕まえる、ということの意味を警察に問いたい。
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-09-06 22:49 | 記事スクラップ
おめでとうございます、紀子様!!

なんとなあく男の子じゃないのか、とウワサがたっていたが、やっぱり男の子。
タテマエ的にはどちらでも元気なお子様であれば、、、なんて言うけど、やっぱり男の子でほっとした。
これで皇位継承者に新しい命が加わったのだ。

もっとも、愛子天皇もいいかなと思わないでもない私は、女性天皇に反対はしない。
でも、女系天皇をすんなり認めていいとも思わない。
歴史を大きく変えることを、単純に男女平等の世の中だからなんて理由で決めるのはあまりに軽薄だ。
日本人は、これまでの長い長い歴史に敬意を払うべきじゃないか。

もし仮に、愛子天皇が民間からお婿さんをもらって、その子供が天皇になったら、それが女系天皇第一号だ。
男性中心で見れば血筋が変わるわけだ。
しかし、女性中心でみれば天皇直系には違いない。

これをどう認識するか。
それが問題だ。

天皇家の歴史をきちんと検証し、国民の意識をはっきりさせてからじゃないと、軽々しく皇室典範改正などしてはいけない。
ゆっくり、着々と考えを積み重ねて上で、答えがでるといいな。

それにしても、そのころ私は生きているだろうか。

9月6日が天皇誕生日になるのは40年以上先のことだろうから。
[PR]
by green_ice_0331 | 2006-09-06 20:39 | 記事スクラップ
優勝しちゃった!!
初戦突破が第一目標みたいなチームだと思ったのに。。。。
社会人野球見てこんなに興奮したのは初めてだ。
昨日の準決勝、対日通戦もすごいもんだったけど、優勝しちゃったよ!!!
春先のWBCに続き、夏の甲子園大会といい、野球っておもしろい。
ほんと、見てよかった。楽しかった。
TDKが日産自動車を破り初優勝-社会人野球:MSN毎日インタラクティブ にかほ市旋風、ついに頂点--。第77回都市対抗野球大会は5日、2万3000人を集めた決勝は接戦の末、にかほ市・TDKが、昨年準優勝の横須賀市・日産自動車を4-3で振り切って、東北地区代表として初の優勝を果たした。船木千代美監督は就任1年目での頂点。

 最優秀選手賞の橋戸賞は、にかほ市の野田正義投手に、敢闘賞の久慈賞は、2本塁打を含む18打数7安打とチームを引っ張った横須賀市・吉浦貴志外野手に贈られた。また、活躍選手・チームに贈られる小野賞はにかほ市。新人賞の若獅子賞は3試合を投げて2勝のにかほ市・田口篤史投手。打撃賞は準決勝で逆転満塁本塁打の同・佐々木弥内野手。首位打者賞は4割1分2厘で、さいたま市・日本通運の下窪陽介外野手。

 ○TDK(にかほ市)4-3日産自動車(横須賀市)●

 にかほ市は1点を追う四回、2死一、三塁から高倉、岡崎の連続適時打で逆転。追いつかれた七回には2死二塁から、高崎の二つの暴投と、小町、阿部博の連続二塁打で2点を勝ち越し。中盤以降は走者を確実にバントで得点圏に送り、相手にプレッシャーを与え続けた。緩急を巧みに使った野田は連打を許さず、被安打6で完投した。

 横須賀市は三回、伊藤が右翼線二塁打で出塁。続く南の犠打が敵失を誘い、伊藤が先制のホームを踏んだ。六回には吉浦の左中間ソロで同点とする粘りを見せたが、七回の継投ミスが響いた。【百留康隆】

 ▽にかほ市・船木千代美監督 応援がすごかったので、何とか勝たないといけないと思っていた。昨年から守り勝つ野球を目指して練習してきたのが、見事に開花してくれた。すごく喜んでいます。

 ◆橋戸賞・野田正義(にかほ市・TDK)

 5試合すべてに登板し、2完投。この日も最後までマウンドを守り通し、エースの面目躍如だった。

 前日の準決勝は三回途中、わずか60球で降板した。「準決勝だと思うと、力が入ってしまって」。「情けない」という気持ちを決勝に生かした。「低めに集めてバックを信じる」。力のある速球と緩いカーブのコンビネーションがさえ、決め手の落差のあるスプリットボールが面白いように横須賀市のバットに空を切らせた。

 東京・桜美林高から入社10年目。「縁あって秋田に行かせてもらい、東京ドームに来れば家族も見に来てくれると思って頑張ってきた」。10年連続出場の表彰を自チームのユニホームを着て受けた年に、最高の栄誉を手中にした。【藤倉聡子】

 ◆若獅子賞・田口篤史(にかほ市・TDK)

 東洋大から今春入社したルーキー。大学時代、後輩の後塵(こうじん)を拝し、東都大学リーグでは4年の秋に2勝を挙げたのみ。2回戦の名古屋市・JR東海戦では好救援。準々決勝では先発して狭山市・ホンダの強力打線を封じ込めた。「大学時代、つらい思いをして、人一倍球を投げ込んだことが、今になって生きてきたと思う」。笑顔は自信にあふれていた。

 ◆小野賞・TDKチーム(にかほ市)

 73年の初出場以来、9回目の出場で今回初めて初戦を突破し、秋田県勢として24年ぶりの勝利をマーク。2回戦以降も、強豪相手に伸び伸びとした戦いぶりで接戦を次々と勝ち抜き、快進撃は決勝までとどまることなく優勝。大会を盛り上げ、最後は主役の座に。また、東北地区に悲願の黒獅子旗をもたらし、同地区の野球関係者を大いに勇気づけた。

 ◆首位打者賞・下窪陽介(さいたま市・日本通運)

 準決勝のにかほ市戦では左越え3ランを放つなど計4試合で17打数7安打と活躍。社会人6年目の4番打者は、4強入りの原動力となった。今季、4番が決まらない中、神長監督から勝負強い打撃が買われ、初めて東京ドームで4番を任された。「監督の気持ちに応えたかった」。その結果が首位打者に結びつき、「実感がわかない」と言いながらも笑顔を浮かべた。

毎日新聞 2006年9月5日 20時50分 (最終更新時間 9月5日 21時47分)

[PR]
by green_ice_0331 | 2006-09-05 21:54 | 記事スクラップ