記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

なにをもめてんだ、中国人。
中国語で押せばいいじゃん。
英語名は「JAPANESE CRANE」
学名は「Grus japonensis」
どっちも日本ヅルだ。
いまさらどうしようもない。鳥類学に文句言ってもしかたないし。
まさか、気に入らないから中華人民共和国ツルにしろとか、いくらなんでも言うまい。
中国人は度量が大きいのだ。
ウィキの受け売りだが、中国にいるタンチョウはユーラシア東部に生息し、シベリアや中国、韓国を季節に応じて渡る渡り鳥だそうだ。
日本の丹頂は北海道にだけいる留鳥。(江戸時代まで本州に渡りをするものもいたそうだ)
頭の赤いのは頭皮が露出しているものだそうな。なんでだろう。
トリノオリンピックで荒川静香選手を称して「ツルのように優雅」と現地の新聞が書いていたとキオクしているが、それだけ日本を連想させる鳥なんだと思っていいのかもしれない。
私は「え~つる~?白鳥ぐらい言ってよ」と思ったが。
ツルさん、ごめんなさい。

ちなみに日本の国鳥は「キジ」アジアはキジが多いそうだ。またまた余談だが、近所にキジが住んでいて、庭をメスのキジとヒナたちがとっとこと走り抜けたこともあった。意外と身近な国鳥である。
しかも、狩猟OKときてる。
Yahoo!ニュース - 時事通信 - 「国鳥タンチョウ」に異論=英語名は「日本ヅル」-中国
【北京24日時事】中国国家林業局はこのほど、インターネット投票などを経て中国の国鳥の候補としてタンチョウを選定し、国務院(中央政府)に申請したが、タンチョウの英語名が「JAPANESE CRANE」(日本ヅル)であることから異論が出ている。新華社電(電子版)が24日、浙江省の地元紙・銭江晩報の報道として伝えた。
 同紙はタンチョウについて、「『日本ヅル』が中国の国鳥では不適切だ」との鳥類を専門とするカメラマンの話を掲載した。
 タンチョウは、日本の特別天然記念物に指定されているが、中国でも黒竜江省や吉林省などに生息。国家林業局などが2003年に始めた国鳥選定作業は04年5~6月のネット投票で500万の応募があり、タンチョウは64.9%の支持を得て、候補となった10種類の鳥類のトップとなった。 

最終更新:4月24日20時0分

[PR]
by green_ice_0331 | 2007-04-24 21:46 | 記事スクラップ
愚かなやくざの一方的な恨みで志半ばで凶弾に倒れた長崎前市長。
選挙直前の惨事に、娘婿が身代わり立候補した。
最初のインタビューは緊張していたのかなぜか薄笑いを浮かべていて、気になった人も多かったようだが、職を辞する覚悟をしていきなりの立候補などそうできるものではない。
(てっきり辞職したと思ったが、休職だったのはなにか思うところがあったのか)
そして善戦及ばず、市の元課長に敗れた。
長崎には全く縁がないのでどうこう言える立場ではないが、結果的に市民は良識を示したと言えるかもしれない。
市政を遺族感情が左右してはならないのだ。
伊藤氏のご遺族が過ごしたこの数日はどれほどの心痛をともなったのか計り知れない。
家族から偉大な父を継ぐ人に出て欲しかったのは気持ちとしては理解できる。
が、ことは長崎市民全員の生活に責任をもつという大変重大なことなのだ。
選挙が家族の溜飲を下げるためのものであってはならないだろう。
もっと冷静になれる時間があれば、伊藤氏の娘さんも記事にあるような言葉を語る愚行はしなかったと思う。(下線の部分)
こんなことを市民の前で言ってはいけない。だれか諫める人がいなかったのだろうか。
しかし、このお婿さんはがんばった。本当に政治家を目指すなら、これに懲りないでほしい。
新しい世代の政治家はいつだって必要なのだ。

そして、一課長から市長になったこの田上氏。
なんだか頼りげなさげな人だが、どうしてなかなかの実務派のようだ。
優秀な市長の後を勤めるのはやはり、実務に長けた人物が一番だろう。
退職金を選挙費用にあてるとはなんという決断ぶりだろうか。
よくぞ立候補したものだと思う。
こうして悲劇のあと、新しい政治家が誕生した。これで市政の停滞を避ける希望がもてる。
こういう新人がでるなんて、正直、長崎市がちょっとうらやましいのである。
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <長崎市長選>事件に配慮、万歳控え 田上氏
長崎市内の田上さんの選挙事務所では、当選確実になると歓声が上がった。ただ、死亡した伊藤市長に配慮して万歳は控えた。田上さんは「市民と市職員の力を生かし、こういう事件の後こそ『市民力』を発揮する時」と喜びを語った。
 田上さんは「肉親の情と自治体運営は違う。市職員としての弔い合戦だ」と出馬を決意し、退職金を選挙費用に充て、背水の陣で臨んだ。26年半の市職員生活では06年に日本初のまち歩き博覧会「長崎さるく博」を発案、企画し、延べ1000万人を集めるなど広報や観光畑で活躍。培った人脈が草の根運動の核になった。
 時間、資金、人員とないものばかりだったが、世襲に反発した地元経済界から後押しを受け、一部の国会議員や地方議員からも支援を得て、まとまった得票につながった。
 一方、伊藤市長の長女の夫で西日本新聞記者の横尾誠さん(40)は22日午後11時50分ごろ、長崎市内の選挙事務所に伊藤市長の長女で妻優子さん(36)とともに喪服姿で現れ、涙ぐみながらあいさつ。伊藤市長の大きな遺影が掲げられた会場で、横尾さんは「伊藤市政への期待をあんな卑劣な暴力で止めるわけにはいかないと立候補した。私のいたらなさでこんな結果になり、本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げた。
 優子さんは「本当にありがとうございました。父伊藤一長はこの程度の存在でしたか。父は浮かばれないと思います。残念です。父の愛する長崎でこんな仕打ちを受けるとは思いませんでした」と声を詰まらせた。 横尾さんは、東京での記者生活を休職して補充立候補した。1000を超える団体推薦や伊藤市長の後援会組織を受け継ぎ、遺族が喪服姿で街頭に立つなど、徹底して情に訴えたが及ばなかった。
 ◇無効票は約1万5000票
 長崎市長選の無効票は約1万5000票あった。中には死亡した伊藤市長に投票し「伊藤市長さんありがとうございました」などと書かれた票もあったという。無効票の中には、期日前を含めて伊藤市長に投じた票が多かったとみられる。

最終更新:4月23日8時9分

[PR]
by green_ice_0331 | 2007-04-23 20:04 | 記事スクラップ
公道を走るなら、25m常に渋滞ということではないのか?
今後の活躍に期待する。ワクワク。
Yahoo!ニュース - Record China - ながーいバスで、渋滞解決―北京市2007年4月20日、北京市の北京展覧館で新型バスのお披露目が行われた。長さ25mのバスが登場し、注目を集めた。

北京市では今後3年間で1万1000台のバスを新型車に変更する予定。電動バス・天然ガスバスなど様々な新型バスが導入される。特に注目を集めたのが、長さ25mのバス。3台のバスがくっついたような形になっている。座席数は54席、最大で230人が収容可能だという。【 その他の写真はこちら 】

北京市の渋滞は極めて深刻で、ピークタイムともなれば市中心部の交通は麻痺状態となる。市政府は対策を進めるもののいまだに有効な方策は見つかっていない。この長いバスが解決の切り札となるか注目される。(翻訳/編集・KT)

[PR]
by green_ice_0331 | 2007-04-22 19:46 | ちょっと変じゃない?
なんかこういう話フランスあたりでなかっただろうか?
だがこれは日本の事件。どこの国なんだ、とびっくりした。
わりとよく一人で電車乗ったりするので人事じゃない。
やっぱ夜行は危ないな。
ずーっと昔、まだ何にも知らない小娘のときに、東京へ帰るらしい会社員オヤジ3人組みに囲まれ、ビール勧められたりしたが寝た振りをしていた。こっちがおとなしいのをいいことに、膝をスカートの上から撫で回されてものすごーく嫌な思いをしたのだった。
終点の東京まで一緒でうんざりだったが、3人で一番若い人が「すみませんでした」と頭をさげた。
そう思うんなら止めろよと思ったが一刻も早く離れたかったのでその人をにらみつけて踵を返してさっさと降りた。
まったく、よく通る声で得意げにさわぐ都会風のサラリーマンオヤジはいまでも大嫌いだ。
Yahoo!ニュース - 時事通信 - 特急車内で女性暴行=誰も通報せず、36歳男逮捕-大阪特急電車内で女性に暴行したとして、大阪府警淀川署は21日、強姦(ごうかん)容疑で、滋賀県湖南市石部南、解体作業員、植園貴光容疑者(36)=別の強姦事件で公判中=を再逮捕した。容疑を認めている。犯行の一部は乗客の目の前で行われていたが、誰も制止したり通報したりしなかった。
 調べでは、植園容疑者は昨年8月3日午後9時20分ごろから1時間以上にわたり、JR北陸線の富山発大阪行き特急電車「サンダーバード」車内で21歳の女性会社員の隣に座り、「大声出すな、殺すぞ。警察に言ったら、どこまでもストーカーするぞ」と脅迫。胸などをさわった後、車内の洗面所とトイレで乱暴した疑い。 

最終更新:4月22日2時0分

[PR]
by green_ice_0331 | 2007-04-22 15:36 | 記事スクラップ
パッチギ!の2作目で息巻いた井筒監督がわざわざ人の作品を持ちだして、観もせずに批判していたが、石原慎太郎都知事がきらいなだけだったんだろうな、とは容易に想像できる。
でも、井筒監督だって自分の作品を同じように色眼鏡で観られたらやっぱり頭くるでしょうに。
人前で他人をアホ呼ばわりはいただけないが、気持ちはわかるね。
窪塚くんの「右だ、左だ、というけど、鳥は両方の翼がないと飛べないという思いで、日々、生きています」という言葉にはちょっと感心した。
そうだよな。思想も大事だが、人が生活していくのにそれほど必要なものだろうか。
偏りすぎはよくない。バランスが大事。
いままで、左によりすぎだっただけと思う。もう21世紀だっていうのにいつまで戦争をひきずって行かなきゃいけないのだろうか。戦争は嫌ですよ。自国の利益のためだけに侵略していくのは大反対ですよ。でも、戦争を仕掛けられたら、自分の住むところは守らなきゃいけないと思う。前の戦争で兵隊にいった人たちのほとんどはそうだったんじゃないかなあ。戦争は醜いけど、いろんな思いで闘った人々を貶めるようなことはできないな。戦争を否定して、自国の人間まで否定してる自称平和主義者が一番怖いと思うよ。
Yahoo!ニュース - デイリースポーツ - 窪塚洋介猛反撃「井筒監督はアホ」
石原慎太郎東京都知事(74)が製作総指揮した映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」(5月12日公開)のPR会見が19日、大阪市内で行われ、W主演の俳優・徳重聡(28)、窪塚洋介(27)と新城卓監督(63)が出席。特攻隊員を描いた作品で、井筒和幸監督(54)が「戦争の美化」と批判していることに対し、窪塚は「見る前に言うヤツはアホ」と猛反撃に出た!
 同時期に公開される2作で期せずして“映画戦争”がぼっ発した。窪塚は特攻を志願し、出撃する隊員の姿を熱演。自身も3年前、自宅マンション9階から転落した経験があり「簡単にはいえないけど、生きてることはありがたい」と、作品への思い入れは強い。井筒監督の批判に対し、窪塚は黙っていられなかったようだ。
 窪塚は「この映画を見て、戦争賛美だというヤツはアホだと思う。もう一回見た方がいい。見る前に言うヤツはアホ」とバッサリ。さらに「右だ、左だ、というけど、鳥は両方の翼がないと飛べないという思いで、日々、生きています」と“窪塚節”もさく裂させた。
 井筒監督は新作「パッチギ!LOVE&PEACE」(5月19日公開)の中に、「俺は-」を連想させる劇中映画を登場させた上、新作のPR会見の席上などで批判を展開。「戦争の美化はアカン。若者を右へならえさせたいだけ」などとこき下ろしていた。
 同じ映画監督として、新城監督も「映画を見てからコメントしてほしい。それがお互いの礼儀でありルール。パフォーマンスとしての発言は、やがて本人に返ってくる」と井筒監督への怒りをあらわに。「沖縄出身で国歌も聞いたことなく、上京しました。右翼というのなら、どうぞ。史実をとらえありのままに描きました」と強調していた。

最終更新:4月20日10時58分

[PR]
by green_ice_0331 | 2007-04-21 17:31 | 記事スクラップ
最初は「ああそうかもね」なんて思ったが、なんだか決定的な証拠が報道されていないんじゃないだろうか。警察も慎重な捜査の上で逮捕したんだろうけれど。
ズボンだけ洗ったからってそんなに怪しいかな。
彼が犯人と揉みあって追いかけたのを誰も見ていないのだってそんなに決定的かな。
被害者は気が動転していただろうし。
やっぱり犯人にちがいないという確信が報道だけではつかめない私は変だろうか。
警察が掴んでいる証拠は裁判までわからないのかもしれないので、しばらくはニュースを追っていきたい。
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 鈴木容疑者、血痕隠しか直後にズボン洗濯…川崎通り魔事件
川崎市宮前区で帰宅途中の女性会社員(40)が刺されて重傷を負った通り魔事件で、殺人未遂容疑で逮捕された同市高津区久末、会社員鈴木洋一(ひろかず)容疑者(26)が、事件当時にはいていたズボンを直後に自分で洗濯していたことが21日、宮前署特捜本部の調べで分かった。

 事件の1時間後、鈴木容疑者が宮前署に「被害者」として出向いた時は別のズボンに着替えており、「痛くて、指が動かない」と訴えていた。特捜本部は、ズボンだけを洗濯しているのは不自然とみて追及する方針。

 調べによると、鈴木容疑者は5日午後10時半ごろ、女性が刺された現場近くから車で帰宅した。自宅で左手指の切り傷の手当てをしたが、その際、洗濯機でズボンを洗ったとみられる。帰宅時、妻と子どもたちは出かけていて不在だった。

最終更新:4月21日14時43分

[PR]
by green_ice_0331 | 2007-04-21 17:12 | 記事スクラップ