記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

負け惜しみたらたら

まだこんなこといってんのか。。。
都知事選のころ、この人が言えば言うほど周囲がしらけていったような気がしたっけ。
結局、思ったほどの人じゃないと判断されたわけで、都民をあげつらうのはいかがなものだろうか。わが身の不徳のいたすところぐらい言っておけばまだ印象もよかったのにね。
あの石原氏に勝つためにはよほどの大物じゃなきゃだめだったんだろう。
右でも左でも。中道ならなおさら、緻密な計画をたてて説明できるようなひとじゃないと信頼を得ることが出来ないってことかな。
もと宮城県知事で親近感あったけどこんな恨み節かたっているようじゃ、もう、がっかり。

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <浅野史郎氏>都知事選後初の講演会…敗北に「恨み節」も
東京都知事選で現職の石原慎太郎知事に敗れた前宮城県知事の浅野史郎氏(59)が12日、仙台市内の、AED(自動体外式除細動器)の普及に取り組むNPO法人キューオーエル(横山英子理事長)が主催した講演会にゲストで出席し、講演した。選挙後に地元の仙台で公の場で話したのは初めてで、「都民はマニフェストを読まないことが分かった」などと“恨み節”を交えて選挙を振り返った。
 講演は仙台市青葉区の市シルバーセンターで行われた。浅野氏は石原氏の知名度や石原氏を支援した自民や公明の組織力の強さ、マニフェスト選挙が盛り上がらなかったことなどをあげ、「予想外だったのは石原さんの『反省しています』という発言。高額出張や側近政治などについて説明不足であることを反省したのに、都民はあれにみんなやられてしまった」などと分析した。
 そのうえで、「都民にとって都政は関係ない」「格好良いか良くないかという個人の人気がほぼすべてとおもっている都民が多い」と話し、「石原都知事が不出馬宣言を撤回して4年後に出馬するとでも言い出さない限り、次回都知事選に出馬することはない」と述べた。【山寺香】

最終更新:5月12日20時53分

[PR]
by green_ice_0331 | 2007-05-13 11:29 | ちょっと変じゃない?
まず、40件ぐらいの抗議ではたいしたことはないだろうと思った。
それはそれとして。
喫煙者の肩身がますます狭くなる昨今だなあ。
私は全くタバコを吸ったことがないけど、ビールやワインが好きな身としては、これがもし酒だったらと思うと愛煙家の方々に同情する。
アルコールの害をどう考えているのか!
飲酒を正当化するな!
とか言われたりしたらどうしよう。
愛煙家たちの心の健康は誰が心配してくれるんだろうね。
お気の毒。
きっちりとしたルール上で分煙したほうがずっと軋轢もなくていいんじゃないだろうか。
この、「喫煙を正当化するな」という人、ちょっと過激すぎ。喫煙は罪悪でしたか??
犯罪者あつかいかよ、とちょっと薄ら寒い気がする。
もっとも、歩きタバコややたらとタバコくさいタクシーは私も願い下げだけど。全面禁煙こそ正義みたいなものの捉え方はどうかと思う。
ちなみに、このコラムではくさいのはお互い様とか、ナチスのようだとかいう言葉が踊っている。
書き手側もいささか被害妄想と感じなくもないのだが。
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - タクシー全面禁煙巡るコラム、中日新聞に抗議40件
名古屋地区で今月1日から始まったタクシーの全面禁煙について、中日新聞社(本社・名古屋市)の常務・編集担当の小出宣昭氏(62)が4月29日の朝刊で否定的な意見を掲載したところ、「たばこの害を、どう考えているのか」などの抗議が同社に相次いでいることが9日、わかった。

 NPO法人「日本禁煙学会」(東京)も小出氏に抗議文を送付した。

 愛煙家である小出氏は、コラムの中で、全面禁煙について「決め方にいささかの薄っぺらさを感じる」とし、タクシーは「個別選択的な乗り物」であり、「全車禁煙という一律主義に本能的な危険を感じる」と書いた。

 中日新聞社には9日までに抗議のメールや手紙が約40通届き、「喫煙を正当化するな」などの電話もあるという。

最終更新:5月10日3時18分

[PR]
by green_ice_0331 | 2007-05-10 20:03 | 記事スクラップ
いったいどこで運命が分かれるのか、誰にもわからない。
なにかあったあとで思い起こす他に何も出来ない。
なくなったお嬢さんはいい育てられ方をしたのだろう。
ただただご冥福を祈るばかりだ。
Yahoo!ニュース - 産経新聞 - コースター事故 小河原さん、座席譲る 一家「順番代わらなければ…」
「私たちの代わりに」…。大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」で起きたジェットコースター脱輪事故で、コースターの順番待ちの際、死亡した小河原良乃さん(19)=滋賀県東近江市=に列を譲られた家族がいた。1両目に乗車し、軽傷を負った大阪府松原市の男性会社員(45)の一家。産経新聞の取材に応じ「順番待ちを代わらなければ、小河原さんは助かったかもしれない」と複雑な胸の内を明かした。

 男性は5日午前、長女(16)ら3人の娘と一緒に来園。ほぼ毎年家族で訪れ、事故が起きた立ち乗り式コースター「風神雷神II」(6両編成)は「1回来れば2回は乗るほど好きなアトラクションだった」という。

 「風神」に乗ったのは6つの遊具で遊んだ後だった。「絶叫マシン」が苦手という三女(12)は乗らず、長女(16)と二女(14)の3人で列に並んだ。前には小河原さんの仲間とみられる女性2人が並んでおり、途中で小河原さんら4人が合流した。

 小河原さんらは友人同士で順番待ちのしばらくの間談笑しており、その後、男性一家の前に並ぶと悪いと思ったのか、一家に列を譲った。このため、一家は3人とも1両目に乗車。続いて小河原さんや友人が2両目に乗り込んだ。これが分かれ道となった。

 コース中盤のループを回り、急降下に差し掛かった際、突然「ガギガギ」という重い金属をひきずるような異常音が聞こえた。直後に、後ろの車両が自分たちが乗った車両にぶつかったような衝撃を感じた。

 「良乃ちゃんおれへん。どこ?」。一瞬の静寂の後、女性の悲鳴が耳に飛び込んできた。後ろを振り返ろうにも、安全バーが締まり身動きがとれない。首にも激痛があった。それでも振り返ってみると、2両目が横倒し、投げ出された女性がレール脇の点検用通路の上で横たわっているのが見えたという。

 「あのとき順番を代わらなければ、私たちのだれかが命を落としていた。同じ現場にいてなぜ私たちが助かったのか。命拾いをしたという思いよりも胸が痛い」。男性は複雑な心境をこう話す。8日午後に営まれる小河原さんの葬儀に出席しようとも考えたが、「遺族にどう対面していいのかわからない」と見合わせた。

 事故に遭遇した娘たちは見た目には元気そうだが、「心に深い傷を負ったかもしれない」と気掛かりだという。それでも「生かされた命を大切にしようと娘と語り合った。これから時間をかけてゆっくり事故のことを考えたい。そして小河原さんのご冥福を心からお祈りしたい」。

最終更新:5月8日16時23分

[PR]
by green_ice_0331 | 2007-05-08 20:19 | 記事スクラップ
サッカーや卓球、スケート水泳…学業優秀って特待制度もあるってのに、なんで野球だけだめなんだろう。
プロからの裏金問題に端を発したこの問題はついに野球特待制度すべてだめ、というあまりにも極端な事態に発展した。
結局、野球ってどこまでも金が絡んでいるってことなのかな。
高野連には、今の特待制度を見直すだけでは足りないなにか裏事情があるんだろうかと勘繰りたくなる。子供たちにも責任があると言い切ったし。なら、高野連にも責任はあるだろう。いままでなにを見ていたのか。ここまで問題を大きくしたのは高野連の怠慢だ。責任は免れない。
たしかにどいつもこいつも他県から奨学金で来た選手ばかり、ってものいかがなものかと思わないでもないけどね。節度ある運営を目指すなら問題ないと思う。
今朝のTVで奨学生の母親が、学校から奨学金解除の念書に子供も一緒にサインさせられたと言っていた。子供の気持ちはどんなだったろう。そのこは学校辞めてもいいといったそうだ。
そんな宙ぶらりんな高校中退者を増やしかねないとも思う。そこらへんも高野連は「子供にも責任がある」って突き放すんだろうか。そこには教育的配慮のかけらもない。
どこかの学校で高野連を訴えないかな。
皆で夏の甲子園をボイコットするとかね^^;

私としては高校野球の雰囲気がどうも苦手なんだけど。あまりにも時代遅れで。いまどきの高校生にふる~い価値観を押し付けてるみたいで。
野球に才能のある子は他のスポーツも出来るだろうし、どんどんサッカーとかに流れて言っちゃったらどうするんだろうね。
WBCで思ったけど、街頭インタビューで結構な年齢のおばさまとかが嬉しそうに野球を語るのを観て、野球って老若男女問わずに熱く語ることができる、大事なスポーツであり、娯楽なんだなあ。サッカーではああいう年代の人はあまり見かけないからね。それが廃れてしまったらとても残念だ。

7500人が出場禁止の異常事態に(スポーツニッポン) - goo ニュース
日本高校野球連盟(高野連)は2日、日本学生野球憲章に違反するスポーツ奨学、特待制度の全国調査を締め切った。違反校は今センバツV校の常葉学園菊川(静岡)や駒大苫小牧(北海道)、横浜(神奈川)など甲子園優勝経験校を含む計334校に上った。3日の最終報告で学校数はさらに増えることは確実で、7500人を超える球児が今月末まで対外試合出場を禁止処分を受けるという前代未聞の事態となった。

 違反校が334で約7400人の特待生がいた現実。不退転の決意で調査を実施した日本高野連・脇村春夫会長は険しい表情を隠さなかった。

 「非常に数が多いことに驚いている。学生野球憲章13条の順守を通達していたが、行き届かなかったことを高野連としても反省しなければならない」。高野連による今回の日本学生野球憲章に触れるスポーツ奨学、特待制度の実施調査は、西武の裏金問題に関与した専大北上(岩手)で野球部員の特待制度が発覚したことを受けて始まった。

 公立校を含む全加盟校に対し、2日までに特待制度の内容、人数を文書で報告するよう指示。この日までにいずれも私立校の334校が憲章違反を申し出た。「違反校なし」は高知県高野連だけ。東京、茨城の各高野連の申告が発表に間に合わず最終結果は3日に発表されるが、東京では帝京、国士舘など30校、茨城でも10校の違反がすでに判明。最終的に違反校は370、特待生球児が7500人を超えるのは確実だ。日本高野連では違反校を対外試合禁止処分にせず、制度適用を受けた球児を5月31日まで対外試合出場禁止、野球部長を交代させるなどの措置をとる。同連盟・田名部参事は「ここまでたくさんあったのか、という思い。コミュニケーション不足がこういう結果を招いた。残念だ」と話した。

 「なぜ野球だけ特待生がダメなのか」という批判もあるが、脇村会長は「(学生野球憲章)13条を見直すつもりはない。十分に理解されるように働きかけ特待制度をなくしたい」と今後も憲章を見直す考えのないことをあらためて強調した。前代未聞の大量処分を生んだ今回の調査。すでに混乱している各地区春季大会だけでなく、夏の大会にも影響が及ぶことは確実だ。

 ≪帝京は関東大会辞退、横浜は部長が辞任≫春夏通算3度の甲子園優勝経験を持ち、今センバツ4強の帝京(東京)も2日、東京都高野連にスポーツ特待制度の実施を申告。決まっていた関東大会への出場も辞退した。野球部はこの日、通常通りの練習を行ったが、対応した中村雅年野球部長は「都大会中から高野連に憲章に触れるか照会してきましたが、指示に従って申告しました。こういうことになったので関東大会の出場も辞退します」と話した。

 また98年に松坂(レッドソックス)を擁し、春夏連覇を飾るなど甲子園5度優勝の横浜は部員約80人のうち19人が違反に該当するとして、神奈川大会、関東大会の出場を辞退。指導力に定評のあった小倉清一郎野球部長の退任を決めた。部員を前に「君たちが悪いわけじゃない」と話した渡辺元智監督は「少しでも疑いがあれば襟を正そうということ。グラウンドで倒れてもいいから、処分が解除されるまで頑張りたい」と気丈に話した。

[PR]
by green_ice_0331 | 2007-05-03 11:49 | ちょっと変じゃない?