記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

なんか、以前にスクラップしたことがある記事の続き。
というか、ネタバレ。
いい話だと思ったのになあ。

CNN.co.jp : ポーの誕生日「墓にバラを置く人物」は作り話だった? - エンタテインメント
2007.08.17
Web posted at: 18:12 JST
- CNN/AP
メリーランド州ボルティモア──米国を代表する小説家で詩人のエドガー・アラン・ポーの誕生日1月19日に、謎の人物が毎年欠かさず、墓石にバラの花とコニャックの瓶を供えていた。これまで、この謎の人物──ポー・トースターと呼ばれる──は、ポーの熱心なファンではないかと言われていたが、この人物がまったくの作り話と主張する老人が現れ、騒動になっている。

突如、ポー・トースターは「作り話」と語り始めたのは、サム・ポーポラさん(92)。ポーの墓がある教会の資金を集めるための、「宣伝」だったとしている。

ボストン生まれのポーは、40歳の1849年10月7日にボルティモアで死去し、当地の教会に埋葬された。墓石には1949年から、毎年ポーの誕生日に赤いバラ3輪とコニャックの瓶が供えられており、今年1月19日にも謎の人物が、バラと瓶を置いていた。

ボルティモアにある「エドガー・アラン・ポーの家と博物館」のジェフ・ジェロームさんは、1976年から30年以上にわたって、この様子を目撃。バラとコニャックを供える人物を、親しみを込めて「ポー・トースター」と呼んでいた。「トースター」には、「乾杯する人」といった意味がある。

ところが、ポーポラさんが「ポー・トースター」は自分が創り出した架空の人物だったと告白。バラとコニャックの瓶は毎年、自分と、この話が作り話だと知っているガイド4人が、置き続けてきたと明らかにした。

ポーポラさんは、「宣伝のためのアイデアだった。作り話で、世界中に広まるとは想像していなかった」と話し、「本当のことを言えなかった。私はポーを愛している。ポーのことを話すのも好きだし、ポーの作品を世界的に広めるため、たくさんのことをやってきた。この作り話は、ポーを愛するがゆえだった」としている。

実際、「ポー・トースター」の話題が広がるにつれ、1852年に建設されて資金難だった教会は、持ち直すようになった。

ポーポラさんが作り上げた話は、ポーの没後100年にあたる1949年から、バラとコニャックが置かれるようになったというもの。しかし、実際にポーポラさんたちがバラを置き始めたのは70年代だという。

「ポー・トースター」に長年、好意を寄せていたジェロームさんは、「何と言っていいか分からない」と、大好きなおじいさんに頭をガツンと殴られたように、ショックを隠せない様子。

ジェロームさんは77年ごろから、「ポー・トースター」を遠くから見守る活動を続けている。「ポー・トースターは私にとって、信頼できる先輩だった。もしも、ポーポラさんがいなかったら、この教会はもう存在していなかったかもしれない。でも、ポー・トースターが宣伝のための作り話だなんて──。そうじゃないと思いたい」と語った。

そして、「来年の1月19日は、たぶん今までと同じように、ポー・トースターを見守るつもり。彼が現れようと現れまいと」と続けた。
[PR]
by green_ice_0331 | 2007-08-19 15:32 | 記事スクラップ
なんつー無礼、下品。
品性下劣。
ありえない。ボクシングのタイトル挑戦者とはこんな態度があたりまえなのか?
こいつが勝っても、ボクシングは下劣なものだというイメージが定着するだけだ。
こんなウスラバカ息子、普通はオヤジに張り倒されるんだがな。
結局、子は親の鏡ってことなんだろうな。
亀田家も日本一のヒール一家になっちゃったな。

スポニチ Sponichi Annex ニュース 格闘技
ゴキブリ退治や!!世界戦の発表会見が16日、都内で行われ、亀田3兄弟の次兄・大毅(18=協栄)が10月11日、東京・有明コロシアムでWBC世界フライ級王者の内藤大助(32=宮田)に挑戦することが正式決定した。世界ベルト奪取なら18歳9カ月5日で、国内の史上最年少奪取記録を更新する大毅は、会見で王者をゴキブリ呼ばわりし、ひねりつぶすことを宣言。両者のファイトマネーが総額3億円(推定)に達するビッグファイトで新記録に挑む。

 王者不在の会見で挑戦者の大毅がほえまくった。「日本や東洋太平洋もやったことないし、タイトル戦が初めてやけど、流れがオレに向いとる。ゴキブリ(内藤)覚悟しとけ!」

 デビューから1年8カ月、11戦目での世界初挑戦。世界王者を「ゴキブリ」呼ばわりする態度にまゆをひそめる関係者もいたが、自信のコメントは止まらない。これまで亀田兄弟が日本人と対戦しなかったことについて聞かれると「(対戦相手が)世界ベルトを持ってないから、やらんかっただけや」と言い放ち、「オレが力で(内藤を)ひねりつぶしたる」と勝利宣言まで飛び出した。

 亀田家初の日本人対決。さらに井岡弘樹(グリーンツダ)の持つ18歳9カ月10日を5日更新する国内の史上最年少での世界獲り挑戦。ファンの関心は高く、ファイトマネーも破格の数字となった。興行主の協栄ジム・金平桂一郎会長(41)によると、両者総額で3億円(推定)のビッグファイト。94年12月のWBC世界バンタム級王座統一戦で薬師寺保栄(松田)と辰吉丈一郎(大阪帝拳)がそれぞれ1億7000万円を受け取り、総額3億4000万円に達したのに次いで、日本人対決では史上2番目の金額となった。今回の両者への配分は明らかになっていないが、集客力を考慮すれば大毅が約2億円、内藤は約1億円と推定される。

 大毅が勝てば、亀田家から2人目の世界王者が誕生する。トレーナーの父・史郎氏(42)は「キャリアはなくても練習で培ったパワーで技術をつぶせばええ。敵は油断だけや。内藤はゴキブリの親玉やからな」と、亀田流表現で王者に宣戦布告した。
[PR]
by green_ice_0331 | 2007-08-17 16:57 | 亀田
自分でも執念深いと思うが、みのマンセーバカに食って掛かられたので。
その後日談として。
こんなのを持ち上げて追従して他人を攻撃するなんて恥ずかしいと思うんだけどね。
J-CAST ニュース : みのもんた約5秒深々頭下げる 「朝ズバッ!」不二家断罪で「お詫び」
TBS系情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」の不二家報道をめぐって、みのもんた氏が「素直にお詫び申し上げたい」と謝罪した。同番組の放送内容をめぐって問題が指摘されてから、みのもんた氏自身が謝罪するのは初めて。放送倫理・番組向上機構(BPO)に同氏の「断定・断罪的なコメント」が問題視されたことを受けた形だ。

「私も真摯な気持ちでこれを読ませていただきました。私どもの『朝ズバッ!』の取材方法だとか、取り上げ方、そして何よりも司会進行しております私のコメントのあり方などについて色々とご指摘を受けました」
放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・川端和治弁護士)が2007年8月6日に発表した「朝ズバッ!」の不二家報道についての審理文書を手にしながら、みのもんた氏は07年8月16日放送の「朝ズバッ!」のなかでこう切り出した。そして、

「40年しゃべり手をやって、反省する点はたくさんある」

「朝ズバッ!」で頭を下げるみのもんた氏(TBSより)「私も40年しゃべり手をやっておりますけれども、まだまだ反省する点はたくさんあると思います。こうした点についても真摯な気持ちで、このBPOの25ページにわたる文章を私はたえず持ちながら、これからもこの『朝ズバッ!』で頑張っていきたいと思います。素直にお詫び申し上げたいと思います」
と謝罪し、約5秒にわたって深々と頭を下げた。
BPOは、07年1月22日に同番組で放送された不二家報道について「重大な放送倫理上の問題があった」とする見解を発表している。みのもんた氏は1月23日の放送で「古くなったチョコレートを集めてきて、新しい製品に平気で作り替える会社は、もうはっきり言って廃業してもらいたい」などと「断定的」「断罪的」に発言したことから、BPOの審理対象になっていた。

BPO放送倫理検証委員会によれば、「断定・断罪的なコメント」の真意をみのもんた氏に照会したところ、自身が水道メーターの経営をしていることを念頭に「世の中に商品・製品を送り出す経営者として、ここまできたら廃業するくらいの覚悟で、信念をもって経営にあたってほしいとの激励の思いを込めたつもりです」との回答が寄せられたという。しかし、同委員会はみの氏の口調や表情から「激励の思い」を汲み取れる内容とはなっていないと判断し、「司会者らの断定・断罪的な言動によって誇張され、視聴者に不二家に対するいっそうの悪印象を与える効果を発揮した」などと指摘していた。

07年8月16日放送の同番組で、みの氏が「謝罪」に要した時間は約2分間に渡った。
[PR]
by green_ice_0331 | 2007-08-16 22:04 | 記事スクラップ