記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

もう一つ追加

どんどんヒステリックになる中国人たちの叫びが怖い。
何に対してここまでエキサイトするんだろうか。
この映像では2,3人のチベット支持派を取り囲みスローガンを叫んでいる。
警察官が中に入って静止しようとしているがそれはチベット支持派に対してだ。
中国人を刺激してエスカレートさせまいと懸命な警備をしているようにも見える。
これが「警察は中国人を好きにさせて日本人をとりしまっている」という意見の根拠でもあるのだろう。他にもいっぱいあるみたいだけど。
[PR]
# by green_ice_0331 | 2008-04-27 13:01 | 北京オリンピック
b0064330_12351170.jpg

これも拾い物。
いま、こういう画像、映像にはことかきません。
なんだか棒もって戦闘体勢ですが、おじいさんが憤慨しております。
中国の若い人よ、人の国でなにしてんですか。
これがオリンピックの応援なんですか?
あまりの愚行に胸が痛みます。
他国で自国の国旗を振り回して他国民を威圧するというのは本来なら許されませんよ。
日本の警察は暴動を恐れてなあなあで済ませましたが、決して許容されているのではないということを知っておいてください。


【追記】なんと上の写真の反対側からとられていた動画があった
2:00過ぎからゆっくりみると棒を振り回している中国人と、例のおじいさんがいる。
おじいさん、両方が激突しそうなときに自分から飛び込んでいる。
止めにはいったのか、煽りに入ったのかは不明。
私服の警官らしいひとに抑えられている。
暴徒におそわれた、というよりも日本のほうがちょっかいを出してケンカ沙汰になった模様。
結果、中国人は逃げている。

こういうのを中国人は嫌がり、捏造というのだろう。
イメージ先行のタイトルで煽るのはやはり慎まなければいけないと思う。
よって、上の写真で中国人を批難するのは今後いたしません。
[PR]
# by green_ice_0331 | 2008-04-27 12:42 | 北京オリンピック

長野の聖火リレー

長野でのひとコマ
昨日行われた北京オリンピック聖火リレーはなんとか「重大な」不祥事もなく終了した。
ネットで呼びかけあい、多くの一般人が長野を訪れた。
ニコ動とかようつべではたくさん動画がUPされている。
テレビでは放映されない生々しいやりとりを見ることができる。
リンク先はそのなかのたった一つだ。
赤旗を掲げている集団のなかにチベット旗をもった人が一人で入っている。
その人を囲い込み、口をそろえてなにか言葉を浴びせている。
あまりにも威圧的だ。
チベット支持者がいるとわざわざ集団で近づいてきて威圧する。
最後に出ている女性はたった一人でチベット旗を掲げているが、その正面に中国国旗をかぶせて邪魔をする。
集団対個人の図。
中国人は大勢で固まって気勢を上げるのが大好きのようだ。
異論を唱えるたった一人の人間に対してとても意地悪だ。
これでは恐怖心を与えるだけだと思う。
なんの得があるんだろうか。
愛国心、国威掲揚は結構だがよその国に来ているということを心して欲しい。
真っ赤な愚連隊が長野に総動員したようにしか見えない。
あれでオリンピック応援というのだからあきれるほか無い。
中国人とはもっと寛容な人たちではなかったのか。昨日のできごとは、日本人の心の中に警戒心を植えつけるものだったと危惧する中国人はいないのだろうか。
[PR]
# by green_ice_0331 | 2008-04-27 12:18 | 北京オリンピック

聖火リレー

いま世界をにぎわしている聖火リレー。
タイでは警備を薄くしたとかで、やはり騒ぎがあったらしいが、チベット問題とは別だったそうだ。
案外、警備なんかしないほうがいいのかもw

長野ではスタートに決まっていた善光寺が辞退した。

観光客の安全を配慮し、さらに仏教徒としてチベット問題を無視できないからと発表された。
善光寺ではチベット動乱の犠牲者追悼の法要も行われた。
こうして静かに仏教徒が表に立ってきっぱりと暴力を拒否するのをみると心が落ち着く。

日本の仏教界は中国に多々遠慮しているそうな。
悠久の歴史を持つ中国から仏教が伝わったからとでもいうのだろうか。
いまの中国と偉大な古の大国は全く別物だと思うのだが。

今日、若い中国人たちがネットで呼びかけあい、フランスのスーパーの不買運動デモを愛国心の名の下に行った。
少し前の反日暴動デモと同じだ。
あんなことしても人の心に届くのは脅威だけだ。
黄禍論が頭をもたげつつある。
日本はどのような態度を示すべきなんだろうか。

聖火リレーでお坊さんたちが読経して見送れば世界の人は仰天するだろうにね。
[PR]
# by green_ice_0331 | 2008-04-19 21:05 | 北京オリンピック
これで高裁では家族全員死刑判決。
裁判官も嫌になるだろうな、こんなの。
一家全員、他人の家族を皆殺しにして、その家族の知り合いまで。
で、全員死刑って。。
ああ、この凄惨な現実。
こういう一家がいたことは暗い記憶として残るだろう。
元組長と長男に控訴審も「死刑」判決…大牟田の4人連続殺人(読売新聞) - Yahoo!ニュース
2004年9月、福岡県大牟田市で起きた4人連続殺人事件で、強盗殺人罪などに問われた同市桜町、元暴力団組長北村実雄(64)と長男・孝(27)両被告の控訴審判決が27日、福岡高裁であった。

 正木勝彦裁判長は2人を死刑とした1審・福岡地裁久留米支部判決を支持し、2人の控訴を棄却した。

 判決によると、2人は、実雄被告の妻・真美(48)、二男・孝紘(たかひろ)(23)両被告(ともに最高裁に上告中)と共謀し、04年9月18日、同市小浜町、無職高見小夜子さん(当時58歳)を絞殺して約26万円を奪い、口封じのため長男の大学生龍幸さん(同18歳)と友人の高校生原純一さん(同17歳)を相次いで殺害、3人の遺体を車ごと川に遺棄した。また前日には、孝紘、孝両被告が高見さんの二男の高校生穣吏(じょうじ)さん(同15歳)を殺し金庫を奪った。
 公判で、実雄被告側は「金品を奪うつもりはなかった。死刑は相当ではない」などと主張。孝被告側は「客観的な証拠はなく、アリバイも存在する」と無罪を訴えていた。

 1審で実雄被告は単独犯を、孝被告は無罪を主張する一方、真美、孝紘両被告は起訴事実を認めたため、公判が分離された。

 真美、孝紘両被告に対する昨年12月25日の福岡高裁の控訴審判決は、「自己中心的で身勝手極まりなく、死刑はやむを得ない」と1審・地裁久留米支部の死刑判決を支持した。

最終更新:3月27日14時8分

[PR]
# by green_ice_0331 | 2008-03-29 00:09 | 【前代未聞】福岡4人殺害事件

乳腺外来に行ってきた

半年前に予約した乳房エコーを、今日受けた。
甲状腺にもしこりがあるのは前と同じ。
おっぱいにはいっぱい所見があるそうな。
先生いわく、「今のエコーは見えすぎて、ホンの小さなものまでうつるからかえって困る」
なんて苦笑いしていた。
最終的には触診で一応問題ないとして、また半年後に検査。
悪いしこりは触るとわかるんだそうだ。そういうのがあったら針さして生検。細胞を調べる。
そうなったらどうしようと怖がりのワタクシはビクビクモノだった。
でも、無事に経過観察。
次の次はマンモとりますといわれたので、少なくとも一年先まで予約とったようなもんだ。
ずっと付き合っていくんだろう。

うちに帰ったら、母が心配そうな顔して待ってた。
ちょっとびっくりした。

この人は昔からあまりワタクシのことを心配したりしないのだ。
風邪引いて熱があってもほったらかしだったしw

年取ったなあ。
[PR]
# by green_ice_0331 | 2008-03-28 21:01 | 日記

最近思うこと

嫌なやつが異動してきて、仕事がめんどくさくなって、ああいやだいやだ、といつもなら思うこのごろ。
ちょっと考え方を変えてみた。

「毎日楽しくすごそう」

楽しいなんてひとそれぞれだ。
だから、自分なりの楽しさでいい。
そう毎日過ごしていれば、気持ちも明るくなって病気もよくなるだろう。
ずいぶん心が強くなったような気がする。

そんなときにフィギュアの世界選手権をみた。

みんな国を代表する選手たちだ。
でも、転んだり失敗して、悄然とする。
練習練習で積み重ねてきても、その日のちょっとしたなにかで調子が狂ってしまう。
最後に残ったのは、強い気持ちを保ち続けた選手だけだった。
カナダの選手ジェフリーバトルの涼やかな、しかし決して崩れない強さに思わず拍手した。

そして、浅田真央。
フリープログラムで信じられない転び方をして最大の武器を失敗した彼女は、しかし崩れなかった。
すさまじい難度の技を繰り出して見るものを圧倒した。
FPでは、点数的にはキムヨナに遅れをとったが彼女の「女王」君臨に文句を言うものはよほどのへそ曲がりだ。
あれこそが王者の態度だった。
たった17歳の少女が。
彼女は難度の高いプログラムに挑戦し続けている。結構取りこぼしがあって完璧な演技は今回も見ることができなかった。
彼女はまだまだ荒削りなんだろう。おそろしいことだ。
彼女の完璧な演技はきっと、世界で誰も見たことのないようなものになるんだろう。
[PR]
# by green_ice_0331 | 2008-03-24 23:02 | 雑記

Asada is 17.

悪名高き2chのスケート板で見つけた記事とその翻訳。
17歳のアスリートが見せた勇気と気高さにただ感動した2008ワールドフィギュア。
Kluft's Bejing defection brings an end to the fun and Games - Times Online
Mao Asada's golden moment of pure courage

Anyone who thinks that figure skating is not a sport is invited to walk across an ice-rink and jump up and down. I tell you, it's slippery out there. The more extreme your manoeuvre, the more likely you are to fall over. Nijinsky performed the miraculous entrechat-dix, but at least he landed on firm ground. But a triple axel has to be perfect. If it isn't, you are on your bum.

Figure skating is one of sport's high-wire acts; and perhaps the most regularly humiliating. I watched Mao Asada, of Japan, going into her first jump, a triple axel - the big one in women's competition, it requires 3 revolutions - and she fell on take-off. It was as if she was attached to the ice by bungee straps. I expected her to move on from error to error, murdering Chopin with a rictus of a smile, too much make-up and ice in her knickers.
But no. She got up and skated perfection: six triples, four doubles, wonderful elevation on every jump and all the flow and lyricism you could want in between. It was enough to give her the gold medal at the World Championships in Gothenburg and it was as wonderful and as pure a piece of sport as you could wish for.

Hemingway defined courage as “grace under pressure”; you could hardly find a better example.

Asada is 17.


713 名無し募集中。。。 New! 2008/03/24(月) 17:13:14.63 0
前スレ400の記事ざっと訳してみた
フィギュア専門のコラムニストじゃない人が書いただけにうれしかったお
ttp://www.timesonline.co.uk/tol/sport/columnists/simon_barnes/article3606532.ece

フィギュアスケートがスポーツじゃないと思っている人はリンクを歩いて跳んでみるといい。
氷の上は滑りやすい。難しいことをやろうとすればするほど滑りやすくなる。
ニジンスキーはすごい跳躍をやっていたが、それは固い地面の上でのことだ。
だが、トリプルアクセルは完璧に跳ばなければならない。でなければ転倒してしまう。

フィギュアスケートは危険が大きく、最も頻繁に恥ずかしい思いをするスポーツだろう。
日本の浅田真央は最初のトリプルアクセル――女子では大技であり、
3回転しなくてはならない――を跳ぼうとしたとき転倒した。
まるでバンジーの紐が氷についているかのようだった。
わたしはてっきり、彼女はそのあと間違いを繰り返し、パンツの中に氷が入った状態で
大きな口をあけて厚化粧で笑顔を振りまき、ショパンをぶちこわしにするだろうと思った。

だが、そうはならなかった。彼女は立ち上がり、完璧に滑りきった。
6つのトリプルジャンプ、4つのダブルジャンプ、そのすべてを驚くほどの高さで跳び、
ジャンプとジャンプの間をなめらかに情感たっぷりに滑りきった。
イエーテボリで開かれている世界選手権で金メダルに値する演技であり、
すばらしく純粋なスポーツのひとつだった。

ヘミングウェイは、勇気とは「プレッシャーの中でも優雅に振る舞うことだ」と語った。
これ以上の例はめったに目にすることができないだろう。

浅田選手は17歳。


いいこというなと思ったが、結構残酷な見方をしてるものだとも感じた。(下線のとこ)
この書き手はきっと、日本人スケーターが好きじゃなかったんだろうな。
[PR]
# by green_ice_0331 | 2008-03-24 19:57 | 記事スクラップ
アッコ、Qちゃんの敗戦言い訳「よくないよ!」と批判(オリコン) - Yahoo!ニュース
タレントで歌手の和田アキ子が1日(土)、ニッポン放送『アッコのいいかげんに1000回』で先日行われた『名古屋国際女子マラソン』に出場した高橋尚子選手の「調整不足でした」というレース後の記者会見について、「自分が一番分かっていたはずでしょ?」と不満を語った。

 和田は、岐阜出身の高橋が引退と北京五輪への最後のキップを懸けて地元で開催されたレースに出場したことにふれ、「主催者も強豪選手を呼ばなかった。(高橋を)勝たそうとしていた」と公平なレース展開がそもそもなかった可能性が高いことを指摘。さらに「手術してたって終わってから言うのはよくないよ。あの状況でレースでるなんて、よっぽど大金を貰ってたのかね」と会見で敗戦の“言い訳”ともとれる発言が次々と飛び出したことにご立腹の様子だった。


ああ、アッコさん、Qちゃんが嫌いだったのね。
「主催者も強豪選手を呼ばなかった。(高橋を)勝たそうとしていた」
「手術してたって終わってから言うのはよくないよ。あの状況でレースでるなんて、よっぽど大金を貰ってたのかね」

この発言はまさにイロメガネで見てるよね。
なんでだろ??
ご立腹は結構だけど自分の好き嫌いで公式レースを八百長呼ばわりは言いすぎ。
飲み屋で管巻いてるんじゃないんだからw
このレースで優勝したナカムラ選手はオリンピック代表になったけど、彼女に対しても失礼だよね。
国民栄誉賞貰ったQちゃんがそんなに嫌いなんだなあと思った次第。
[PR]
# by green_ice_0331 | 2008-03-15 20:25 | ちょっと変じゃない?

気持ちがわからない

拳銃はどう扱うべきなんだろう。
日本の警察が発砲すると、すぐ批判されたよね、ちょっと前まで。
でも、身に危険があったり、放置すると被害者がでたりする可能性がある場合はしょうがないじゃないかと思っていた。
それでもめったに拳銃使わないよね。
その拳銃を街でたむろしていたバカなガキども相手に抜いて見せて追っ払った警官を支援するメールがいっぱい送られているそうだ。
銃で脅してもいいだろうというのが大半の意見なんだなあ。
でも、それってほんとにいいの?
確かに凶悪犯にはもっと強硬姿勢見せてもいいと思うよ。
でも、相手は騒いでいるだけのガキどもだ。
言うことを聞かなかったからといって銃を抜いて脅すというのは、あまりにも安易な銃使用だと思う。
この警察官は若いみたいだけど、もっとチンピラに対する恫喝の仕方(言葉は悪いけど)とかないの?威嚇する技術とかさ、警官ならありそうだと思うんだけど。いままで銃を使えなかったときはどうやってたのよ。
ナイフちらつかせてきたわけじゃないんでしょ?ただ騒いで言うこと聞かなかっただけなんでしょ?記事ではそうとしか読めない。
これはさ、単に警察官として未熟だってことじゃないの?
あるいは、人員削減で警官があっぷあっぷしているとか。かえってそっちが怖いよ。
安易に銃で脅せっていう市民が多いって異常だよ。そんなに警官に銃を使わせたいのかな。しかも、警官をバカにするのが許せないって、じゃ普段から警官を敬っているのかとwww
気持ちがわからないね。
拳銃抜いた巡査長に支援メール相次ぐ(産経新聞) - Yahoo!ニュース
3月5日23時34分配信 産経新聞
 路上で騒いでいた少年を立ち去らせるため、警視庁滝野川署の男性巡査長(27)が拳銃を抜いて威嚇した事件で、全国から巡査長の行動を支持する手紙やメールが署などに相次いでいることが5日、分かった。警視庁では拳銃の適正使用にあたらないとみて、特別公務員暴行陵虐容疑で調べるとともに処分も検討中だが、署には処分の軽減を求める地元住民の嘆願書も提出された。「許される行為ではないが」…。警視庁幹部も思わぬ反応に戸惑い気味だ。
 事件は2月26日午後8時半ごろ、東京都北区滝野川の路上で発生。「大声がうるさい」との苦情を受けて駆けつけた巡査長が区内の高校2年生(16)ら少年3人に注意した。3人はいったんその場を離れたが、約10メートル先で再び路上に座り込んだ。名前などを尋ねても無視したため、拳銃を抜いて立ち退かせたという。3人が直後に、「銃を向けられた」と署に訴え出て発覚した。
 署などには5日昼までに手紙や電話、メールで計185件の意見が寄せられた。うち10件が「滝野川署はおかしい」などと批判的意見だったが、大半の175件は「警察官をばかにしたような行動は許せない」「警察官のほかに、誰が少年を注意するのか」など支持の意見だった。巡査長の質問を無視したにもかかわらず、すぐに被害を訴え出ている少年の姿勢を批判する内容もあった。
 一方、嘆願書には地元住民110人が署名して提出。署名した飲食店主の男性(42)は「自分も路上にたむろする若者を注意すると『うるせえ』と反抗的な態度を取られたことがあった。共感できる」と話す。
 巡査長は警察官だった父親にあこがれ、幼いころから警察官を目指していた。5年前に同署の地域課に配属され、署内でも「正義感が強い」と評判だったという。
 処分が出るまで自宅謹慎を続けている巡査長は「もし、あの状況に戻れるなら、相手が折れるまでとことん説得します」と、拳銃を抜いて威嚇したことに反省の弁を述べているという。

[PR]
# by green_ice_0331 | 2008-03-08 14:03 | ちょっと変じゃない?