記事スクラップ


by green_ice_0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

九州発読売オンラインより

まとめサイト
大牟田4人殺害事件 : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
福岡県大牟田市の4人殺害死体遺棄事件で、強盗殺人罪などに問われた暴力団幹部北村実雄(61)、長男孝(24)両被告の公判が8日、福岡地裁久留米支部で開かれ、証人として出廷した二男孝紘被告(21)が、死刑判決を覚悟したように2人に別れの言葉を述べる異例の場面があった。
 事件では3人と、実雄被告の妻真美被告(46)が共謀して高見小夜子さん=当時(58)=ら4人を殺害したとして起訴され、真美被告と孝紘被告は分離公判で審理されている。孝紘被告が実雄被告らの法廷で証言するのはこの日が最後の予定。
 孝紘被告は、証言の最後に高原正良裁判長に「これが最後だから2人に話したいことがある。2人の手を握らせてほしい」などと要求。
 裁判長に拒否されると「どげんしても駄目ですか。裁判長も人間でしょ」と言った後、実雄被告に向かい「おやじと会うのはこれが最後。死ぬまでしっかり生きてほしい」と発言をした。
(共同通信) - 11月8日20時24分更新

------------------------------------------------------

どんな極悪人でも家族との最後の別れはしたいんだな。。。
この連中に殺された被害者一家だって、どれだけ無念だったか。
巻き込まれた友人の青年の家族だって、どんなに辛いか。。。

裁判長が拒否をしたのは人間性の問題じゃないし、そもそも同情する余地は無い。

人を殺して、捕まって、裁判で死刑になりそうになって、ようやく「しっかり生きる」という言葉に思いを馳せることができたのか。

自分が他人の「しっかり生きる」権利と義務を、あっさりと奪ったという事実。これを、どう釈明するのか聞いてみたい。
[PR]
by green_ice_0331 | 2005-11-12 11:11 | 【前代未聞】福岡4人殺害事件